夫婦同姓が当たり前とは限らない!? 国際結婚後の名字

スポンサーリンク

ミックスクラブ11-1
好きな人の名字に自分の名前をくっつけて、漠然とにやにやした経験はないでしょうか?一昔前ならば、女性は結婚後には旦那姓に改姓し、それが結婚の象徴でもありました。実際、今でもそうしたいと憧れを抱いている女性もいると思います。

しかし一方で、日本でも結婚に伴う女性の改姓における問題をメディアで見かける機会も多くなりました。女性の社会進出に伴い、ビジネスネームとして旧姓のまま仕事を続けている人や、夫婦別姓を求める声も多くなってきているように感じます。では、国際結婚では結婚後の姓はどのようになっているのでしょうか?

戸籍制度からみえる、家という概念

ミックスクラブ5-1
名字に関する制度は、実は国によってそれぞれ違います。日本人同士の結婚では、結婚後に女性が男性の名字に改姓するのが一般的ですが、男性が女性の名字に改姓しても良いと法律で認められています。ただ、夫婦は同姓でなくてはなりません。

この考えは、日本の戸籍制度に伴っていると言えます。姓を引き継ぐ、つまり氏を引き継ぐという文化です。出生時に親の戸籍に入り、その後、それぞれの親の戸籍から抜けて、どちらかの姓を選んで二人で新しい戸籍を作る。これが結婚です。戸籍上では結婚時このように枠組みとメンバーの変更が行われるのです。

では、国際結婚をした場合、戸籍上ではどのような変化が起こっているのでしょうか?国際結婚の場合、相手が日本戸籍を持っていないわけですから、二人で新しい戸籍を作ることはできません。日本国籍保持者は結婚時に親の戸籍から抜けますが、実は旧姓のまま一人の戸籍ができ、夫婦別姓状態となります。実は、この少し矛盾した状態をうまく利用して外国人名字、日本語名字を上手に使い分けて生活されている方がいるのも事実です。

結婚後、外国人配偶者の名字に変えたい場合は、関係各所に氏変更届けを提出することで外国人配偶者の名字で戸籍登録できます。ただ、外国人配偶者はあくまでも外国籍保持者であり、日本国籍を取得するためには、それ専用の手続きが必要ですので、戸籍のメンバーは日本国籍保持者のみで構成されたままです。日本では結婚したからと言って外国籍の配偶者に自動的に日本国籍を与えるという制度はありません

世界では結婚後の名字はどうなってるの?

スポンサーリンク





これに対して、世界のたくさんの他の国々には戸籍制度がありません。ゆえに、日本ほど家族関係もあまり封建的でなかったり、家に縛られるイメージがない国もあります。夫婦別姓が認められている国もたくさんありますし、実際に結婚後もそのままの名字のまま生活している女性も多くいます。日本のように、結婚をしたら同じ姓にならなければいけないと思っている人の割合自体も低いのかもしれません。また、結婚後に二人の旧姓を合わせた複合姓(ダブルネーム)にして名字として使っている夫婦もいます。同じ家族のメンバーの名字がそれぞれ違うなんてことも結構普通にあって、両親だけでなく兄弟で名字が違うことも普通にあったりします。もちろんこれには離婚や再婚などの背景などもあるでしょうが、そういった背景も比較受け入れやすい環境にあると言えるでしょう。

子供の名字はどうするの?

ミックスクラブ11-2
日本では子供の苗字も同様に戸籍によって決められます。他の国では、どちらかの親の名字を引き継いだリ、複合姓を引き継いでいる人もいます。また、ミドルネームが認められている国や地域では、ミドルネームとして片親の旧姓が入っていたりもします。

日本では一般的に認められていないミドルネームですが、実はミドルネームはひとつとは限りません。人によっては、自分でも覚えられないほどの数のミドルネームを持っている人もいます。少し余談ですが、身分証明書は親に付けられた名前でも、自分はミドルネームの方が気に入っているから、そちらの名前を常用しているなんて人もいます。中には父親のファーストネームを子供が苗字として引き継ぐ伝統のある地域もあったり、世界にはまだまだ私たちの知らない文化で成り立っていることもあるんですね。

まとめ

1. 日本のような戸籍制度による氏の引き継ぎが世界で一般的とは限らない。

2. 家族のメンバーの苗字が違うということは珍しいことではない。

3. 子供のミドルネームに旧姓を入れたり、ダブルネームの苗字にしたりして、両親の名前を残すことも多い。

こうしてみると、名前に対する概念も世界でいろいろな考え方があるのがわかりますね。日本で私たちが当たり前のように感じでいる名前に対する概念は、他の国の人から見ればとても独特なものなのかもしれません。

(コラム:Aさん●カナダ在住の在宅ライター、カナダ人男性と国際結婚)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう