文化も宗教も違う!! でも国際結婚式を挙げたい

スポンサーリンク

ミックスクラブ13-1

人生最大の晴れの日ともいえる結婚式。特に女性の中には、子供の頃から理想の結婚式を描き続けている人も多いかもしれません。結婚式は人生の一大イベント。最高のものにしたいからこそ、お互いに決して譲れない部分があったり、家族の希望があったり、仕事上の付き合いだったり、予算の問題があったり、なかなか簡単にいきません。

日本人同士の結婚式においても、それまで滅多に喧嘩したことのないカップルが結婚式の準備で揉めに揉めるという話はよく聞く話です。国際結婚となると、それに加えて言葉の問題、文化の問題、宗教の問題などが大きく乗りかかってきます。加えて、どこで結婚式を挙げるかという問題は、結婚式の形式、式内容を大きく左右し得るものでもあります。

やっぱり母国でみんなに祝ってもらいたい

ミックスクラブ13-2
片方の母国で結婚式を挙げる場合、もう一方の家族や招待客は国を超えて結婚式に出席することを求められます。日本人同士での結婚式も両方が同じ出身地ではない場合も多いので、結婚式の出席に少々の国内旅行を強いられまたりもしますが、日本国内の場合は数時間で行ける範囲です。

国を超えるとなると大抵の場合は日帰り旅行は難しく、結婚式出席への必要経費が大幅にアップすることは否めません。また、当人にはすでに住んだ経験もある慣れ親しんだ国であっても、家族にとってはなじみのない国である場合もあります。金銭的負担だけでなく、日常と異なる海外旅行という精神的負担が加わり、両家の負担が平等でなくなる点は否定できません。

また片方の母国での結婚式の場合、どうしても現地の出席者が多くなりますので、両家の招待客のバランスに大きな差が出るという問題点もあります。また、結婚式の形式も現地でポピュラーなものになりがちと言えます。ウェディング・コーディネーターも現地での経験を元にプランを提示されるでしょうし、少し特別なものを組み込みたい場合は、それなりに手間もお金もかかると思っておいた方が無難だと思います。特に異文化や異宗教にまつわるものは、なかなか手に入れることすら難しかったり、手に入るまでに時間がかかったりするので、その点は十分気をつけていた方が良いでしょう。

スポンサーリンク




準備に携わる人数=意見の食い違い?

片方の母国であっても現在二人が生活していない国で結婚式を挙げるとなると、準備の大変さが問題点として上がります。インターネットなどを駆使して、会場側とある程度の意思疎通はできるかもしれませんが、やはり、実際にその場で準備を進めていく方がトラブルが少ないのは言うまでもありません。現地にいる家族の手助けは必要不可欠と言えますが、準備に係わる人数が増えれば増えるほど、意見の違いが出てくるのも仕方のないことです。それぞれの立場の違いで意見も違いますから、手伝ってくれるということは、彼らの意見も無視できない、程度に思っておいた方がいいでしょう。

精神的にも金銭的にも、もう無理!!


いい結婚式にしたいゆえに、みんなの意見を尊重していたら、ゴールのない迷路に入ってしまう時もあります。そんな場合は、あえて第三国を選び、自分たちだけ、又は身内だけを招待した小さな結婚式を挙げるという方法もあります。

最近では日本人同士の結婚式でもごく近い親族だけを招待する海外ウエディングも増えてきていますね。海外という遠方を逆手にとって、仕事上の付き合いなどの招待客や、それに伴う席順などの煩わしさを省く利点がありますし、小規模で身内だけだからこそ、自分たちのやりたいことを満喫できる自由さもあります。自分たちの結婚にとって一番大切なことは何か、一番大切な人は誰か、原点に戻った結婚式とも言えます。やはり海外ですので多少出費は伴いますが、規模によっては、結局国内の結婚式と同じくらい、場合によっては安くつくこともあります。

お祝いの席は一度だけでなくてもいい

もう一つ両家の負担を平等にするもう一つの方法は、新郎新婦それぞれの母国、二国で結婚式とは言わなくとも、披露宴をするのが理想かもしれません。お披露目会のようなカジュアルなものでもいいし、結婚式の様子をビデオなどでみんなに見てもらってもいいし、それぞれの国でそれぞれの形式でみんなにお祝いしてもらえたら、やっぱりそれに越したことはないと思います。

まとめ

1. どちらか一国を選ぶと、相手側の家族の負担バランスに大きな差が生じる。

2. 携わる人数が増えれば増えるほど、意見の数も増える。

3. 自分たちの結婚にとって一番大切なものを最優先する。

4. 両国でお祝いの席を設けると、よりたくさんの人にお祝いしてもらえる。

最近は型にはまらない自分たちらしさの出る結婚式も人気のようです。結婚式の主役はやはり新郎新婦の二人。少々わがままになってでも、自分たちのやりたいことをするのが、一番自然と幸せがこぼれるいい結婚式になるのかもしれませんね。

(コラム:Aさん●カナダ在住の在宅ライター、カナダ人男性と国際結婚)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう