どうして!? 日本人男性がアジア女性を選ぶ理由

スポンサーリンク

ミックスクラブ24-1
国際結婚と一言でいってもその組み合わせは様々です。

その中で代表的な組み合わせの一つである、日本人男性とアジア人女性の組み合わせ。もちろん個人の外見的、性格的理由もいろいろあるとは思いますが、この組み合わせが国際結婚において一番多い理由には、文化的な背景も大きく関係しているのではないでしょうか?

寡黙な男性の魅力は伝わりにくい

ミックスクラブ24-2
先日、あるテレビ番組を見ていたら、「国際会議の議長は、インド人を黙らせ、日本人をしゃべらせることで能力が試される」という話をしているコメンテーターがいました。そのくらい日本人の寡黙さは世界中で知られています。もちろん単に寡黙なのではなく、自己主張を控え、協調性を保つという日本人特有の美徳文化が支えているものは大きいでしょう。

暗黙の了解や、阿吽の呼吸という言葉が存在するように、日本には敢えて言葉にしないことを美とする文化があります。これらの文化は、欧米諸国においても日本人の国民性として比較的良好に受け入れられ、尊重されている部分はありますが、やはり個人レベルの恋愛となった時には、愛情表現の欠如と捉えられることも無きにしも非ずです。頭でどれだけ想っていてくれていても、言葉にしてくれなければ相手には伝わらない。自己主張と自己責任に美徳を置く国であれはあるほど、寡黙な人は「何を考えているかわからない人」と位置づけされてしまう可能性が高いのです。また、日本人男性にとっても、このような国の教育を受けて育った女性との恋愛には、少し気が引けてしまうのではないでしょうか。

女性は守られるべきもの

これを文化と呼ぶか、差別と呼ぶかは非常に難しい問題ですが、日本人男性はやはり女性を全面的に守るべきものだと思っている人が多いように思います。もちろん生物学的に、男性は女性より体力があるのが一般的で、男性と女性では体のつくりそのものが違うわけですから、女性を守るという意識は、国に関わらず男性諸君が常識として持っている感覚であるとは思います。しかしながら、「女性を守る」という意味や、それに伴う男性の行為の基準は、国によって大きな違いもあるように思います。

スポンサーリンク





最近でこそ日本でも共働きが主流になってきましたが、少し前までは結婚を機に女性は離職するのが一般的でしたし、今でも経済的な問題がなければ、奥さんになる女性には仕事を辞めて家庭に入ってほしいと思っている日本人男性もいるのではないでしょうか。また、女性においても、寿退社にあこがれを抱いている女性もそれなりの確立で存在するはずです。

しかしながら、この事例は、女性問題先進国では女性差別、女性蔑視、女性虐待として取り扱われる可能性が大いにあります。虐待という言葉を使うと、突然に意味が強くなってしまう気もしますが、女性の働く自由を奪い、金銭的自由を奪うことで女性をコントロールしようとしている!!女性を男性の所有物と捉えている!!といった具合です。

その点、アジアの国は男女共に結婚観の似ている国が多く、女性自身も男性に養ってもらいたいと思っていたり、家族を支えるのが自分の仕事だと考えている女性も多いので、女性問題先進国の多い欧米諸国に比べると恋愛から結婚まで運びやすい環境にあると言えるかもしれません

仕事と私、どっちが大切なの!?

ミックスクラブ24-3
一昔前のドラマで使われていたようなセリフですが、国際結婚の場合、地理的にどちらかを選ばなければならない状況になることがあります。先ほど挙げた例のように、日本人男性は自分が金銭的にも家族の大黒柱でいなければならないと思っている人も多いので、やはり仕事を最優先にせざるを得ません。愛に走って他国に行って、相手を養っていけるだけの収入を得られるような仕事に就けるだろうか、収入を得られなければ本末転倒ではないか、日本人男性はそういった点で非常に堅実で慎重なイメージがあります。あまり冒険はしませんし、少し悪く言えば、日本で築いた地位や名誉を捨てられません。

国際結婚をしている日本人といっても、日本人男性は日本に多く在住し、日本人女性は海外在住が多いというデータがこれを見事に表しています。

まとめ

1. 話下手な日本人男性は、世界では愛情表現下手と取られることもある。

2. アジアには日本と結婚観の似ている国が多い。

3. 日本人男性は堅実で慎重。

国際結婚という少数派の人生の選択をした日本人男性でさえも、典型的な日本の「男性らしさ」「女性らしさ」という固定観念の上で、少し窮屈に生きている部分もあるのかもしれません。

(コラム:Aさん●カナダ在住の在宅ライター、カナダ人男性と国際結婚)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう