知りたい!? 国際カップルの始まり方

スポンサーリンク

ミックスクラブ3-1

最近テレビや雑誌で、国際結婚にターゲットを絞って婚活する人の特集が増えました。それだけ、国際結婚が身近なものになり、興味を持つ日本人が増えたということでしょう。自然に落ちる恋に憧れもありますが、恋に落ちるためには先ず出会わなければなりません。国際結婚をするカップルはどうやって出会っているのでしょうか?

好きになった人が、たまたま外国人だった

旅行や留学、海外転勤など、国を超えて行き来する人が多くなりました。日本から海外に行く人も、海外から日本に来る人も多くなりました。海外で生活している人はもちろんのこと、国内でも学校や職場、習い事やジムなど、生活環境内に外国人がいることも、今ではそう珍しくないのではないでしょうか?

学生時代の同級生や部活動仲間、仕事場の同僚や取引先の関係から、いつの間にか恋人同士になることは、いつの時代も良く聞く話。もしくは、もともとは友達の友達といった場合や、最近ではボランティア先で出会ったという話もよく聞きます。これは、決して日本人特有なことではなく、国籍や人種を超えて起こっても何ら不思議はないのです。

外国人だから好きになったわけじゃない、好きになった人が外国人だった。そう答える国際結婚カップルは意外と多いと思います。もちろん、その後は国際結婚ならではの苦労などもあると思いますが、きっかけは案外単純だったりするものです。

国によって違う!?飲み会の形

ミックスクラブ3-2
逆に、日本特有の出会いの場といえるのは、合コンかもしれません。もちろん、海外にも少し形を変えた飲み会は存在はしますが、それが出会いの場になったというのは、あくまでも後からついてくる結果論です。例えば、友達の開いたホームパーティで偶然知りあったり。日本のように、幹事役がいて、事前に男女の人数合わせをし、形式的な自己紹介をしてはじまる飲み会は、実は世界的には稀な出会いのツールなのです。

その他に、「ブラインド・デート」、いわゆる日本で「友達の紹介」と呼ばれるものは海外にも存在し、出会いの定番として認識されています。ただ、イメージ的には少しカジュアルなお見合いといった感じで、仲介する友達は、二人を付き合わせることを目的に紹介しているので、純粋な友達紹介ではなく、少しプレッシャーに感じる人もいるかもしれません。

最近では、日本にも外国人が集まるパブが増えました。そして、そこに敢えて出没する日本人、特に日本人女性も増えたと聞きます。飲みにいったパブなどで、ちょっとしたきっかけで話しかけられたり、といういわゆるナンパも海外ではスマートにあったりしますので、そのイメージでしょうか。外国人との出会いをターゲットとした新しい出会いの場となっているようです。

スポンサーリンク





ただひとつ忘れてはならないのは、お酒の場が常に安全ではないのも万国共通です。外国人を目の前に、心が浮かれる気持ちもわかりますし、お酒の力を借りて大胆になりやすい気持ちもわかりますが、お酒の飲み方は全て自己責任です。特に日本人女性は「ノー」と言えないというのが、いい意味でも悪い意味でも世界の常識になりつつあります。少しの気の緩みが一生背負っていく傷になりかねない場合もありますので、その点だけは忘れないで下さい。

ターゲットは世界中に

ミックスクラブ3-3
たくさんの人がインターネットなしでは生活できなくなった今、インターネットを通した出会いも、ひとつの出会いの場として確立されつつあります。ひと昔前なら、海外の文通相手を見つけるのも一苦労でしたが、今では、インターネットを通して簡単に世界中の友達を作ることができます。

最近は外国人パートナーを専門に出会いを求めるサイトはもちろんのこと、特定の宗教に特化したものや、お付き合いの形や真剣度別に検索できるものなど、様々な出会い系サイトがあります。これらのサイトのメリットは、最初からふるいをかけて自分のターゲットエリアに近道でき、効率的な出会いができる点かもしれません。しかし、インターネットの中だけでのオンライン・デートと、実際にお付き合いするのでは、全く違うということを忘れずに。また、常にリスクの伴う出会いであることも、自覚しておきましょう。

まとめ

1. 国際結婚でも、出会いの形は変わらない。好きになった人がたまたま外国人でした。

2. 出会いの場はやっぱりお酒の力を借りれる飲み会。

3. 効率的にターゲットを絞る、出会い系サイト。

こうしてみると、国際結婚だからという特別な出会いではない気がします。日常に出会いは溢れていますが、その出会いがどう転ぶかが、縁なのかもしれません。

(コラム:Aさん●カナダ在住の在宅ライター、カナダ人男性と国際結婚)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう