国際結婚に必要な手続きって?

スポンサーリンク

ミックスクラブ5-1

日本人なら一目見ればすぐにわかる定番の用紙、婚姻届。そこに行きつくまでのストーリーはそれぞれありますが、日本人同士が国内で結婚する場合、届け出そのものの作業は至ってシンプルです。一昔前なら、わざわざ役所に用紙をもらいに行くものでしたが、最近ではインターネットからダウンロードして入手することも可能な場合もあるようです。

しかし、国際結婚となると、同じようにシンプルにはいきません。まず、相手が日本人ではわけですから、相手の身元の証明から始めなければならないのです。

戸籍の存在しない国!?

人間だれしも、自分の生まれ育った環境や制度が当たり前すぎて、世界の共通認識と思いがち。でも実は、日本の制度が世界から見て非常に稀な制度であるものもたくさん存在します。そのひとつは、戸籍制度です。日本では、出生届を提出すると同時に、戸籍ができ、個の存在と同時に、家族の一員として国から認められます。それをもとに、その後の人生における様々な行事の度に必要とされるのが戸籍謄本です。

さて、同じように戸籍が世界の他の国々で同じように存在するかいえば、必ずしもそうとは限りません。むしろ、実は戸籍がないのが世界の常識と言えるかもしれません。出生届に似た登録の方法で、出生証明書というものが発行される国も多くありますが、あくまでそれは身分証明書的な存在であり、日本のようにその届け出をもとに国が「家」のデータを管理する戸籍とは異なります。

役所に提出したら婚姻成立

ミックスクラブ5-2
日本人同士、つまり、日本で戸籍を持つ者同士が結婚する場合は、基本、同じ制度の中で籍が異動するだけですので、婚姻届と戸籍謄本、身分証明書などが必要書類とされています。ただ、国際結婚、つまり片方が日本国籍を持たない場合、日本の婚姻制度で結婚を認めてもらうためには、戸籍謄本を持たない者の身元を証明する追加書類が必要となります。

それが、婚姻要件具備証明書と呼ばれるものです。法務省のウェブサイトによると、婚姻要件具備証明書とは、日本国籍を持たない人が、母国の法律に基づいて結婚できる状態にあるかを証明するものです。つまり、その人が母国で結婚できる年齢に達しているか、独身であるかなどの証明を、母国の関係局に発行してもらうのです。そして、それらの証明は、もちろん日本語で発行されるわけではありません。日本の役所で提出する場合には、当然、日本語訳を求められます。

これだけでも少し煩雑さを感じますが、パートナーの母国の政府が婚姻要件具備証明書を発行してくれるなら、実はラッキーな方。国によっては発行してしてくれない国もあるんです。その場合は、それらの書類に準じるほかの書類などが必要になってきます。どちらにしろ、母国関係局との連絡のやり取りは必須。在日大使館、領事館を行き来したり、母国にいる家族や親族に協力してもらうことが必須条件といえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク




婚姻成立にはセレモニーが必須!?

海外で結婚する場合は、婚姻の成立はその国の法律によって異なります。日本のように書面に記入し決められた提出することだけで婚姻が成立するとは限りません。例えば、一定のセレモニーを執り行うことを必要とする国もあります。もちろん大規模である必要はなく、市役所で簡単に済ませれる場合もありますが、事前に婚姻申請書を取得したり、当日は政府に認可されたコミッショナーと数名の立会人が必要であったりとそれなりの規定もあります。教会で神父さん立ち合いのもと婚姻成立が認められるケースもあります。

国際結婚を悪用した永住権の取得などの問題もあり、国際結婚手続きも複雑化している国もあるようです。海外で結婚をしようと思っている人は、必要な手続きをしっかり調べましょう。
ミックスクラブ5-3

知らないうちに重婚!?

海外で結婚成立となった場合は、それに加えて、日本国政府にどのように報告するのかも知っておく必要があります。海外で発行された結婚証明書を在大使館、領事館に提出することで日本政府に報告済みになる場合も多く、その場合はもちろん日本語訳が必要となります。日本人として日本の婚姻届に記入して提出することが結婚と思っている人もいるかもしれませんが、この場合は二重に報告、提出することで、重婚になってしまうおそれがありますので、十分に気をつけましょう。

まとめ

1. 世界には戸籍の存在しない国もある。

2. 日本の役所に提出する場合は、婚姻届のほかにもパートナーの母国からの書類が必要。

3. 海外での婚姻成立はそれぞれの国の法律による。

4. 日本国政府への報告にも注意が必要。

国際結婚を始まりに、改姓、出産、子供の国籍など、そのたびにいろいろ手続きについて調べたり、書類を請求したりする必要があります。国際結婚には、それらの作業を面倒と思わず、根気よく続けていくことも必要です。

(コラム:Aさん●カナダ在住の在宅ライター、カナダ人男性と国際結婚)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう