カナダでの出産でするということ。カナダ人との国際結婚、何が違う?

スポンサーリンク




新しい生命が授かる瞬間、出産。どんなに準備万端で備えていても、不安が伴うのは当たり前のこと。
また、異国での出産となると、医療システムや文化によって、日本と同じようにはいきません。そういった点を考慮して、里帰り出産をする人も少なくないようです。

では、カナダでの出産には、どのような違いがあるのでしょうか?

妊娠かな?と思ったら、、、


日本では内科や耳鼻科など、症状に合わせて患者が病院を選びますが、カナダではどんな症状に対しても、まずはファミリードクターに診てもらうことから始まります。

ファミリードクターとはかかりつけ医のことで、特に持病などがない人も、特定のファミリードクターの患者として登録しておくことが奨励されています。中には特定のファミリードクターを持たず、体調不良時にウォークインクリニックなどを利用する人もいますが、ファミリードクターに登録しておくと、定期検診の通知やその結果、病歴のデータも全て一括で管理してくれます。

ファミリードクターよりも、より専門的な検査や治療を必要とされる場合に、ファミリ―ドクターから専門機関や専門医を紹介されるというのが、カナダの一般的な医療システムです。

スポンサーリンク




出産後は三日で退院?

出産においても、ファミリードクターが妊娠を確認したら、その後、超音波検査などの専門機関や産科を紹介されます。カナダは医療費無償を掲げているので、出産もそれまでの検査も無料ですが、その合理性ゆえに、患者にとっては少し不便を感じたり、不安に感じたりすることもあるかもしれません。

妊娠においても、エコー検査はたったの数回で、検査を担当してくれた産科医が、必ずしも分娩にも立ち会ってくれるとは限りません。妊娠初期から出産後まで続けてケアを望む場合は、助産師を勧められるようです。

また、多くの日本人が驚くことは、出産後の退院の早さです。もちろんすべてが順調にことが運んだ場合の話ですが、早い人は次の日にでも、一般的には3日程度で、新生児と共に退院という話をよく聞きます。

また、具体的な統計はわかりませんが、私が周りから話を聞く限りでは、帝王切開の割合も日本に比べて多いイメージがあります。日本での出産に比べるとカナダでの出産は少しタフな気もしますが、これらの経験を通して、女性は強い母になるのかもしれませんね。

ベイビーシャワーに招待されたら


日本では赤ちゃんが生まれる前にお祝いをあげるのはタブーとされることもありますが、カナダでは、そういった印象はありません。もちろん安定期にはいるまでは妊婦も報告を控えますが、一般的には妊婦が安定期に入ってから出産までの間に、ベイビーシャワーというパーティを開く人も多く、その時に出産後に役立つものなどをプレゼントとして持っていくことが多いです。

また、結婚祝い同様、プレゼントを受け取る側が欲しいものを登録し、ゲストがそれぞれを購入する形でお祝いをするギフトレジストリーも一般的に利用されています。

(カナダ在住Aさん:カナダ人のご主人がいる海外在住ライター)

カナダ在住のAさんのブログ記事一覧

人生何があるかわからない!!突然やっきたカナダ人との国際結婚

実はほとんどの夫婦が国際結婚!?カナダの結婚事情と歴史の関わり

場所も形式もカップル次第!!婚姻届と多種多様なカナダの結婚式とは?

日本とはどう違うの?カナダでの国際結婚カップルの結婚生活

カナダでの国際結婚。国によって違う!?「家族」の定義とは?

国際結婚ならではの悩み事とは!?カナダの大自然に癒されることもある

カナダ人と国際結婚で仕事探し!!知っておきたいカナダの雇用事情

日本と異なるカナダでの日常生活。所変われば常識も変わる!?

カナダ人との国際結婚。カナダの食卓、食生活から見える日本との違い

カナダで国際結婚生活、外食は日常とは少しだけ違う時間?日本と同じ?

カナダ人には実はハーフが多い!?ハーフが生きやすいカナダのハーフ事情