カナダ人と国際結婚で仕事探し!!知っておきたいカナダの雇用事情

スポンサーリンク




最近は日本でも共働きの夫婦が増えましたが、国際結婚をして海外に行くことになった場合はなおさら、相手の収入に頼りきりになるのではなく、自分の生活ができる程度の収入源を持っていることは、とても重要だと私は考えています。

最大の自己防衛であり、また自己投資としても、異国の地での就労は決して無駄にはならないと思います。

こんなに違う!?履歴書の書き方


就職活動に欠かせないのが履歴書。

日本ではまだまだ手書きを好む傾向もあるようですが、カナダではタイプしたものを提出するのが普通です。
ですから、履歴書のテンプレートなどはあるものの、フォントや内容は、基本的に自由です。

また、最大の違いと言っていいのは、顔写真を載せないことと、年齢や誕生日を記入する必要もありません。
これは人種差別や年齢差別に配慮したものであり、採用者が写真提出を要求したり、年齢を尋ねたリするのも違法です。

年齢に関しては、どの学校をいつ卒業したのか、どのくらいの職歴があるのかなどという情報から、多少の推測はできますが、日本のように一斉就職でもなければ、様々な年齢の人が学校に通っていますので、必ずしも予想が当たるとは限りません。
採用者は面接時に初めて応募者の外見を知ることになり、少なくとも面接にたどり着くまでは雇用機会均等が保たれているといえます。

スポンサーリンク




カナダで仕事は見つけられますか?

カナダに留学やワーキングホリデー、移民を考えている人によく聞かれる質問です。

もちろん、カナダと言っても都市や地域によって大きな差がありますが、大きく答えるとすれば、選ばなければ何かしら仕事はあります。

ただ、あくまでも日本でいうアルバイトのような仕事はありますが、それを軸に家族を養っていくような、福利厚生や有休、労働者の権利が認められた仕事に就きたい場合は、やはりそれなりに語学力も必要ですし、現地での就学も必要と考えていた方がいいと思います。

日本での経験や資格は、考慮してもらえたらラッキー程度に考えていた方が無難です。
また、自分自身の経験や周りを見ていて受ける印象は、就労には日本よりもコネが必要と言っても過言ではありません。
友達や知り合いから雇用の情報を教えてもらって働き始めたいう話は本当によく聞きます。

正規雇用までの道のりとは?


カナダ限ったことではないですが、全ての移民受け入れ国で社会問題になりつつあるのが、移民者による雇用機会の圧迫です。

移民受け入れの利点は、労働力の確保、税金の徴収の増加が考えられますが、必ずしもそれがバランスよく機能するとは限りません。
カナダにおいても、移民者や、外国からの短期滞在者による就労により、現地人が雇用の機会を奪われているとして、新しく法律ができ、規制がかけられたリすることもあります。

また、いわゆる単純作業と呼ばれる職種や、アルバイトのような仕事は、これらの移民者や外国人短期滞在者で占められている状況にあります。
誰しも安定した仕事に就きたいと願っているものの、残念ながら現実には足元を見られたような違法労働が多くあるのも事実です。

(カナダ在住Aさん:カナダ人のご主人がいる海外在住ライター)

カナダ在住のAさんのブログ記事一覧

人生何があるかわからない!!突然やっきたカナダ人との国際結婚

実はほとんどの夫婦が国際結婚!?カナダの結婚事情と歴史の関わり

場所も形式もカップル次第!!婚姻届と多種多様なカナダの結婚式とは?

日本とはどう違うの?カナダでの国際結婚カップルの結婚生活

カナダでの国際結婚。国によって違う!?「家族」の定義とは?

国際結婚ならではの悩み事とは!?カナダの大自然に癒されることもある