ネパールの子育ては摩訶不思議がいっぱいだけど、郷に入れば郷に従え!

スポンサーリンク

国際結婚 ミックスクラブ 19-1
国際結婚、そして、出産。そこから、私のネパールでの子育てが始まりました。ネパールの生活に慣れる暇もなく、次から次へと新しいことへのチャレンジの日々。でも、それが楽しくもありました。

ネパール人と日本人のハーフの娘ですが、すっかり子育てはネパールペース。そして、ネパールでの子育て、日本では考えられない摩訶不思議がいっぱいでした。

親娘ともどもにベッタベッタの油まみれの日々

国際結婚 ミックスクラブ 19-2

ネパールの子育てにおける風習って日本とは全く違います。ハーフの子供の場合、親の国の文化があまり違うと揉めることもあるようですが、私は、郷に入れば郷に従えで、あまり逆らわず、異文化を楽しむ気持ちでいろいろ体験させてもらいました。

まず、出産後、ネパールでは、赤ちゃんを湯船に入れる、なんてことはいたしません!お風呂なんてとんでもない。でも、そのかわりに、オイルマッサージを1日に数回します。温めたオイルを全身にかなり強めにすり込んで、全身オイルだらけです。もちろんベビー服もオイルだらけになっちゃうので、日本の友人からいただいたお祝いのおしゃれなベビー服はしばしおあずけ。

さらに、娘のみならず、出産婦の私も頭に髪がベタベタになるくらいオイルを塗られます。実は、ネパールでは頭から冷えが入ると言われていて、出産婦と赤ちゃんに冷えは厳禁というわけで、こんな風にオイル攻めにあっちゃうのです。

気候風土の違いもあるのでしょうが、日本では考えられないことなのでびっくり。このオイル塗りまくりについては、抵抗のある日本人ママは結構多いのですが、出産後、結構ヘロヘロで2週間ぐったり寝ていた私は、もうなすがまま、されるがままでした。

スポンサーリンク




赤ちゃんのお出かけの友、魔除けの灰にアイライナー

国際結婚 ミックスクラブ 19-3

さて、少し赤ちゃんも大きくなり、首が座ってくるとお出かけも増えてきますが、この時欠かせないのが、灰とアイライナーなんです。灰は指先に少しつけて赤ちゃんの額の真ん中につけます。アイライナーは黒いのを赤ちゃんの目の周りにぐるりっとです。

実は、これ、魔除け。ネパール人ってすごく嫉妬深いのです。そして嫉妬というのはすごいネガティブなエネルギーで、そのネガティブなエネルギーが厄災や病気を引き起こすと未だに信じられているネパール。まだ小さな赤ちゃんは弱いので、そういうものから守ってあげるために、お出かけには魔除けをするというわけ。

お出かけしようとすると、うちの主人がちょっと待ってと、どこからか灰を持ってきてくれます。そういうのって迷信って言っちゃえば、迷信かもしれませんが、長年ネパールに住んでいると、そうも言い切れず、毎回、主人にお願いしていました。

赤ちゃんの『サト』を呼び戻せ作戦

国際結婚 ミックスクラブ 19-4

いつも機嫌のよかった幼児が熱があるわけでもなく、オムツが濡れているわけでもなく、お腹が空いているのでもなく、急にぐずぐず愚図ったり、泣き止まなかったり、寝なかったりすることがあります。

日本では疳の虫とか言われるものではないかと思いますが、ネパールでは、このような状態を「『サト』がいっちゃった」と言います。『サト』というものが赤ちゃんにはあって、それが大きな音や突然の振動で驚いた時になくなっちゃうのだそうで、そうなると、呪術師のところに行って、この『サト』を呼び戻すお祓いというか、おまじないみたいなものをしてもらったりします。

そういう呪い師みたいな人々は未だにあちこちに住んでいて、町内に一人はいる感じ。眉唾ものって思う日本人の人も多いと思います。でもね、うちの娘には効果ありましたよ。びっくりですが。

そんなあれやこれや摩訶不思議なネパールですが、私はそういうのアリだよなと思うし、それをやったからといって害になるわけではないし、やっておけば安心でもあります。それに、主人の文化に対する敬意の表明にもなり、夫婦円満で一石二鳥。しかも、めったにできる体験じゃないし、楽しまなちゃ損だと思いませんか?

(ネパール在住Cさん:ネパール人のご主人と高校生のハーフの女の子がいる海外在住ライター)

ネパール在住のCさんのブログ記事一覧

私の人生を変えた国際結婚、 ヒマラヤの国ネパールの花嫁に…

ネパールで国際結婚したからわかる、嫁という立場から見た家族

国際結婚カップルの食生活、ネパールでは郷に入れば郷に従え!?

見合い結婚が当たり前のネパールでの国際結婚事情

ネパール人との国際結婚、〝ない〟ことずくめの日常生活を楽しむ!?

外食は、ネパールの国際結婚組のささやかなお楽しみなのです!

ネパールの結婚式、国際結婚組は 伝統重視派とシンプル派に分かれる

ネパールの国際結婚、仕事があるかどうかが、住めるかどうかの分かれ目

ネパールの国際結婚生活、小さな違いはストレスであり発見であり!

ネパールの国際結婚組の悩みNO.1は、ディープすぎる親戚付き合い!かな?

国際結婚外国人のネパールでの出産、案ずる前に産んでしまおう!

ネパール人とのハーフ、名前選びは司祭任せか、親が決めるか?

ネパールにおけるハーフの子供たちの国籍選択の現実と実情

ネパールのハーフの子、第一言語はネパール語でも日本語も覚えて欲しい親心

ネパールのハーフ達は、バイリンガル? いえいえ、マルチリンガルも当たり前!

ネパールの学校事情、ハーフの子供達は英語教育を選ぶ!?

ネパールにおけるハーフの子供達の悩み、アイデンティティはどこにある?

ネパール人と国際結婚した私のこれから の人生、まだまだここからでしょ!

ネパール人と国際結婚を考えている人へのささやかなアドバイス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう