ネパール人との国際結婚、〝ない〟ことずくめの日常生活を楽しむ!?

スポンサーリンク



国際結婚 ミックスクラブ 5-1

日本では当たり前だったことが、全然当たり前ではなかったのだと気付いたのは、ネパールで国際結婚し、生活させてもらったおかげかもしれません。

電気なし、水なし、ガソリンなし、ガスなし、ネパールの日々の暮らしは、ないないずくし!

ツーリストだったら楽しめる日々の暮らしの不便さも、日常生活となったら、大変です。

1日10時間以上の停電も日常茶飯事のネパール

計画停電で1日10時間以上も電気がない生活って想像できます?

ネパールでは毎日がそうです。主に水力発電で電気をまかなっているネパール、水力が少ない乾季には1日14時間も停電になったりします。

いや〜、住み始めた20年ほど前はここまでひどくなかったのです。ほんの隔日夕方2時間程度の停電で、でも当時はそれでも不便だな〜なんて文句を言ってました。

それが今では毎日10時間前後の停電。曜日ごと、エリアごとに停電時間が異なるので、計画停電表とにらめっこの毎日です。
こんな風にいうと、日常生活はどうしているんだ、と日本の友人に聞かれますが、ここまで日常的になかったら、それなりの対策はあるものです。

大きなホテルや銀行は巨大な自家発電機を持っています。小さな店や個人の家では、バッテリーを使った蓄電機やソーラー発電、それも買えない一般家庭はロウソクや充電式懐中電灯を常備しています。

ちなみに、うちは蓄電機を使っています。冷蔵庫やテレビや炊飯器は無理だけど、各部屋の電気1個とwifiとコンピュータを稼働するくらいならなんとかなります。今もそのおかげで文章書いているわけですが…。

スポンサーリンク




バケツ一杯の水を有効活用できますか

国際結婚 ミックスクラブ 5-2

不足しているのは電気だけではありません。湧き水を使う村と違って、都市部では常に水不足に悩まされています。うちの主人の住んでいるエリアでは水は2日に1度約2時間配給される程度。

だから、 水タンクはもれなく必需品。水が来ている時間は目一杯水をタンクに貯め、次に水が来るまでの間、貯めた水を大事に使います。水を流しっぱなしで皿を洗ったりなんてもっての他です。

そんな毎日ですから、 バケツ一杯の水で4、5枚のシャツを洗ったり、髪と体を洗ったり、そんな変なことが得意になったりします。

うちは大家さんが、水が来る時間に、水道管を開いて、水を貯めてくれるからいいのですが、そうじゃなかったら、水の来る時間は家に待機してないとなりません。

停電スケジュールともにらめっこ、水の来るスケジュールともにらめっこ、日々の生活がこんなことに振り回されっぱなしのネパールライフなのです。

ガスもない、ガソリンもない、それでも毎日の生活は続いていく

国際結婚 ミックスクラブ 5-3
電気、水の不足は慢性的な問題ですが、それに加え、時々いろんなものが突然市場から消えることが多々あり得るのがネパール。

ガソリンは定期的に不足するものの一つで、そうなると、3リットルのガソリンのために2時間も3時間も並ぶのは当たり前。通常価格の3倍近い闇ガソリンも出回る始末です。

でも一番困ったのは、プロパンガスが不足した時。闇価格は通常の6倍で、業者に予約を入れるも、入手の目処もたたず…。うちの隣人は、庭で薪を使って煮炊きしてましたから。

生まれた時からそういう状態あるネパール人でさえ、不便だと思っているのに、国際結婚で突然ネパールに暮らすことになった外国人にとっては、このような生活は不便を超えて、多大なストレス。

それでも、日々の生活は待ってくれません。

停電の夜の食卓は、「ロウソクでディナーなんてロマンチックね」と敢えて言い、ガソリンがない時は、「歩きで出勤なんて健康的よね」とうそぶく…、結婚生活を長続きさせるためには、そんな心の余裕を持てるかどうかが問われるネパール日常生活なのです。

(ネパール在住Cさん:ネパール人のご主人と高校生のハーフの女の子がいる海外在住ライター)

ネパール在住のCさんのブログ記事一覧

私の人生を変えた国際結婚、 ヒマラヤの国ネパールの花嫁に…

ネパールで国際結婚したからわかる、嫁という立場から見た家族

国際結婚カップルの食生活、ネパールでは郷に入れば郷に従え!?

見合い結婚が当たり前のネパールでの国際結婚事情

外食は、ネパールの国際結婚組のささやかなお楽しみなのです!

ネパールの結婚式、国際結婚組は 伝統重視派とシンプル派に分かれる

ネパールの国際結婚、仕事があるかどうかが、住めるかどうかの分かれ目

ネパールの国際結婚生活、小さな違いはストレスであり発見であり!

ネパールの国際結婚組の悩みNO.1は、ディープすぎる親戚付き合い!かな?

国際結婚外国人のネパールでの出産、案ずる前に産んでしまおう!

ネパール人とのハーフ、名前選びは司祭任せか、親が決めるか?

ネパールにおけるハーフの子供たちの国籍選択の現実と実情

ネパールのハーフの子、第一言語はネパール語でも日本語も覚えて欲しい親心

ネパールのハーフ達は、バイリンガル? いえいえ、マルチリンガルも当たり前!

ネパールの学校事情、ハーフの子供達は英語教育を選ぶ!?

ネパールにおけるハーフの子供達の悩み、アイデンティティはどこにある?

ネパール人と国際結婚した私のこれから の人生、まだまだここからでしょ!

ネパールの子育ては摩訶不思議がいっぱいだけど、郷に入れば郷に従え!

ネパール人と国際結婚を考えている人へのささやかなアドバイス