イギリスか日本か、親のどちらかの国籍を選ぶという事

スポンサーリンク

イギリス人との国際結婚
雑談をしている中で、突然「ところでお子さんは国籍はどっち?」と聞かれることが多く、また「このままイギリスに居るんだったらイギリス国籍なんだろうね」と言われると、なぜか日本に戻らないんだ、と言われている様に思えます。

個人的には聞かれるたびに、少し嫌な気持ちになります。彼らはどちらの国籍であっても、何人であっても良いと思うのです。

日本は多重国籍は違法になります。

国際社会、国際結婚のカップルが増えている今のこの世の中で、多重国籍を認めない事は、彼らの子供たちは大人になった時に親のどちらかの国を選ばなくてはいけません。

どちらを選んでも、親としては、ほんの少しだけ寂しい気持ちになりますが、選ぶのは彼等です、私達ではありません。

イギリスは多重国籍認可国、色々な選択あるハーフの子供達

イギリスは移民の多い国です。色々な国籍の人が住んでいます。

彼らはEU国民であったり、多重国籍を認めていてる国の出身で、イギリスに住むために、イギリスの国籍を持っている人であったりと色々です。

移民にはきつい差別がある事もありますが、それでもイギリスで生活するにあたって何も不自由なく生きていけます。

いろんな言語が飛び交い、いろんな人種がいて、誰もがどこの国だと気にもかけません。

と言うより、外国人がいる事が普通の風景になっているのです。

私の娘はイギリスで生まれ、イギリスで育って、イギリスの教育を受けています。

たぶん、このままイギリス、もしくは日本以外の国で生活をするとなれば、彼女は大人になった時に日本国籍を取らないでしょう。

ただ、それで彼女は困る事はきっとないと思います。

何故かというとイギリスのパスポートは日本のパスポートに比べて、より色々な国へ渡航できます。

色々な国へ住むことも可能です。だから、将来の選択肢ははるかに広がると思われます。

スポンサーリンク




日本の国籍を選べば日本人、それで日本で生きていけるのか

イギリス人との国際結婚
じゃあ、日本国籍を取得して、そして日本に住むと考えると、きっと彼らハーフはとても生きにくいと思います。

まず、外見の問題でしょう。

思い切り外国人顔のハーフの子供は多少なりの好奇の目で見られます。また日本人の血が強くとも、どこか西洋人のDNAの面影が反映されます。

もし生まれてからずっと日本に居て日本の教育を受けて育ち、日本語のみ話す彼等の場合はなおさら悩まされているでしょう。

自分は日本人だと思っているのに、外からは外見だけで判断して日本人と認めてくれない、このままだと自分を失いそうだと言ってたハーフの友達もいます。

親としては悩まされてまで日本にいる事をこだわって欲しくないと思います。

国籍はおまけ、自分のバックグラウンドを誇りを持ってもらいたい

イギリス人との国際結婚
どこに住んでいようが、どの国籍だろうが、本人が自分のバックグラウンドを誇りに思っていれば良いと思います。

私のパートナーはウェールズ人です。大昔にウェールズはイングランドに攻めれられて国の形を失いイングランドの植民地になりました。

そんな大昔の事柄なのに、彼らは今現代でもウェールズ人としての誇り、文化を大切に後世に受け継いでいます。

生まれも育ちもイギリスの友人は、自分の苗字はオーストリア人で5世代前にヨーロッパから移住したと家族系譜を大事に持っています。そしていつかオーストリアへ行くと語っていました。

そんな風に自分のルーツを、自慢げに話す彼らがとても素敵だと思います。

私の娘にも、父親のバックグランドと日本人の私のバックグランドを誇りに思ってもらいたいです。

(イギリス在住Dさん:イギリス人のご主人とハーフの女の子がいる海外在住ライター)

イギリス在住Dさんのブログ記事一覧

人生何があるかわからないから面白い。まさかイギリス人と国際結婚するとは

イギリスで国際結婚、そして婚姻届。イギリス人との結婚は難しい

移民の国イギリスでの結婚生活、国際結婚カップルは珍しくない

イギリス人と国際結婚。イギリスへの移住は家族の助けで乗り越えられる

イギリス人との国際結婚は素敵なイメージを持たれるけど、悩みもある

国際結婚、万が一の為の仕事。イギリスはEU諸国の中でも離婚率が高い

食にこだわらないイギリス人と国際結婚して、食事の手抜きが増えた

国際結婚でイギリス在住。物価高い!と考えたら日常生活がつまらない

国際結婚して外食事情を検証!イギリス料理ってやっぱりまずいのか?

イギリスでのハーフの出産は無料!イギリスの医療サービスNHSとは?

イギリスでも同じ、どこの国でも名前に親の想いがつけられる

イギリスでも日本でも、これからの人生 色々な選択を与えたい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう