フランス人と日本人の国際結婚家族事情 海外で暮らすのは本当に大変?

スポンサーリンク


皆さんは「世界の日本人妻は見た」というテレビ番組をご存知でしょうか?

番組内では世界中に嫁いだ日本人妻の方々が現地の暮らしに適応するのに悪戦苦闘する様子が映し出されており、日本から見ていると「外国人の家族との暮らしって大変!」と思われがちです。

そこで「本当にフランス人家族との暮らしは大変なのか」、家族やその習慣について少し紹介していきます!

フランス人の愛情表現、スキンシップ率高し


フランス人は家族を一番に考える人が多く、日本人のその思いとはまた違う直接的な感情を示すのは、お国柄というより、その愛情表現の「習慣」にあります。

たとえば、欧米人の多くは家族や友人に「愛してる」という言葉や抱擁で愛情を示すことに抵抗がないですが、日本では家族や友人にするのはちょっと難しいですよね。

一般的にフランスでの挨拶はビズといって“お互いの頬を軽く合わせ、その時チュッと口先で音を出す”のが普通。家族や友人であれば女性どうし、男性どうしでもするのが普通で、地域や親密度で2回、4回と増えたりもします。

本当に会ったばかりの人やビジネスの場面では、握手で挨拶を交わします。ですが、ビジネス上でも同僚ならビズするのが当たり前で、人数が多いと出社してから何人もの同僚にビズして歩くため、かなりの時間を要することも!

スキンシップのある挨拶が皆無といっていい日本やハグで挨拶するアメリカでは考えられないほど、フランス人の習慣は割とスキンシップ高めです。

フランス人の家族内電話 勤務中でもお構いなし


そんなスキンシップ高いフランス人ですから、愛する家族には熱烈な愛情表現を送るのは当然予想できますよね。笑

たとえば、日本で家族(ママやパパ)が仕事中に会社の固定電話に私用の電話をかけてくるなんて、あり得ないですが、フランスでは普通です。

私もパリにある会社で働いていましたが、十中八九、フランス人男性はママと電話をしているし(しかも長電話)、フランス人女性は旦那さんや親しい友達の勤務先に電話しています。

しかも人目をはばからず、自身のプライベートを大声でしゃべりまくり、月曜日は週末にあった出来事を全て報告したりしていて、知りたくもない彼らのプライベートライフを知ることに。。。

以前は同僚の奥様が出産する!という電話を受け取ったフランス人同僚女性。「今力んでるのね!」「子宮口が5cm ! 本当にもうすぐよ!」「頭が出た!」など、実況中継をしてくれました。

そんな彼らにプライベートの秘密が守れるはずもなく、夫婦間の秘密としていたことも、もちろん義両親や親戚中に広まることが多く、夫に「これは確定じゃないから黙っていて」なんてお願いしても、翌日の夕方には義母から電話がかかって、詳細を問いただされるなんて事も…。

家族の絆が強い証拠なのでしょうが、それだけでは済まされないと思うのは日本人の私だけでしょうか。

スポンサーリンク




フランス人は仕事帰りの飲み会がない 家族のもとへまっしぐら!


日本では仕事を終えると同僚でお酒を飲んで帰るのは結構普通に見られる光景で、新橋や新宿では酔っぱらったサラリーマンの男性が連れだって歩くのをよく見かけます。

ですが、フランス、特にパリではそういった「酔っぱらったサラリーマン達」を見掛けません!

家族第一のフランス人は、同僚とお酒を飲んで帰宅が遅くなることは滅多になく、仕事が終わったらそのまま「子供を迎えに行く」、「夕食の買い物をする」ということが多いのです。なんて家庭第一主義!

両親が共働きの家庭がデフォルトのフランス。こういった家庭第一主義は実利を兼ねていますが、実際にフランス人の家庭への愛情は深く、ママだけではなく妻(夫)にも「あなたは素晴らしい!」「ありがとう、私の人生の人」「君の料理は天下一品」など、褒め言葉に満ち溢れています。

番外編 週末は家族で田舎の別荘でゆっくり過ごすパリっ子たち


忙しいパリに住む家族の多くが、パリから車で1時間程のノルマンディやブルゴーニュ地方に別荘を持ち、週末は家族でゆっくり過ごすのがスタンダード。
別荘なんてお金持ちと思われがちですが、フランスではいたって普通。

金曜日会社を早めに出て田舎へ直行し、月曜日は田舎から直行という人も多く、ストレスの多いパリから離れて、最大限に家族との時間を持ちたい、ゆっくりしたいという人が多い証拠かもしれません。

まとめ

海外で文化の違う人達と暮らすことは、自分の常識が通じないことが多くイライラすることもあります。ですが、家族の絆が強いフランス人は時に強引にあなたの心を開くかもしれません。
フランス人家族の絆を知る上で、3つの事柄をまとめてみました。

1. 潔癖症でなければ、やがて慣れるビズ文化

2. プライベートも会社もボーダーレス

3. 家族第一主義のマイホームパパ(メン)

4. パリっ子は田舎で家族だけのゆったりした時間を持つ

慣れると「うっとおしさ」も減るフランス人家族の習慣。田舎でリフレッシュしながら、フランスの家族とゆっくり分かりあえればいいのです。

(フランス在住Kさん:フランス人のご主人とハーフのお子さんがいる海外在住ライター)

フランス在住のKさんのブログ記事一覧

窮屈で生きにくい日本を飛び出し、フランス人と国際結婚してみたら

今やめずらしくないフランス人と日本人の国際結婚事情 普通の人編

フランスの国際結婚事情 日本の常識が通じない国際カップルの結婚式

フランス人と日本人の国際結婚事情 フランスでの結婚生活は義務がいっぱい!

フランス人と日本人の国際結婚事情 国際結婚ゆえの悩みとは?

フランス人と国際結婚してからの仕事の話、働かざる者食うべからず?

国際結婚してみたら! 驚きの連続と困惑のおフランスの日常生活

国際結婚の食生活事情 フランス人夫の求める食卓とは?

倹約家のフランスならではの外食事情~フランス人は外食しない?

フランス人×日本人のハーフ事情 ハーフは美男美女ばかりは本当?

フランスの出産事情 国際結婚してパリでハーフの子供を産んでみた

ハーフの重国籍について:認めるフランス、認めない日本

フランス人とハーフの名前の付け方 日本名と仏名のどちらをつける?

日仏ハーフの保育と学校事情 フランスはワーママに優しい制度がもりだくさん

日仏ハーフだから簡単に身につく? 意外と難しい正しいフランス語

フランス人ハーフ、バイリンガルになれるかは親の努力次第!?

日本人とフランス人とのハーフ。子供達が抱える悩みとは?

フランスで墓に入るのか!? これからの人生の問題について考えてみた

これからフランス人と結婚をしよう!と考えている方へのアドバイス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう