ハーフやバイリンガルに強い憧れを持つ韓国人。外国語学習のブーム熱も

スポンサーリンク



バイリンガルに憧れる韓国人?

韓国でも国際結婚の増加に伴ってハーフの子どもの出生率も増えていることは度々、過去のエピソードの中でも触れてきました。そして、それと共に学校などの教育の場や自治体などで「多文化家庭」と呼ばれる「国際結婚家庭」やハーフの子どもたちに対する生活や学習面でのサポートなども充実するようになってきました。

私と同じように韓国人と結婚して韓国に在住する日本人の友人たちの多くは、やはり、子どもにも日本語を習得して欲しいと願っています。

韓国に在住する日本人以外の結婚移住者の外国人女性も自分の子どもには自分の母国語を覚えて欲しいと思っている人が多いです。私の友人の一人に、やはり、韓国人の夫を持つロシア人女性がいます。彼女には二人の子どもがいますが、家庭内では子どもとロシア語で会話したり、読み書きの習得のために家庭教師をつけるなど、バイリンガルへの努力をしています。

スポンサーリンク





また、韓国人の多くは外国語習得のための勉強に熱心である人も多く、特に幼児期からの英語や古くからは日本語、最近では中国語と外国語人気は度々起こっています。また、少し前まで小学生や中学生での早期留学がブームとなったり、家族で海外転勤などになった場合でも、現地の韓国人学校ではなくインターナショナルスクールに送るのが一般的です。こうした背景から、韓国人はバイリンガルへの憧れも強いと言えるかも知れません。

日本語習得のための取り組み


日本人と韓国人のハーフの場合、日本語習得のために行っているのは、やはり家庭内での母親との会話を日本語で行うことでしょうか。また、韓国でもNHKの放送を視聴することができ、時間帯によっては子ども向けのプログラムも放送されています。

乳幼児期は母親と家で過ごす時間が長いため、会話も日本語が中心で日本語を覚えやすい環境が整っていると言えますが、子どもが幼稚園や保育園などに通園するようになると、韓国語での時間が途端に増え、その分、韓国語の習得も早い反面、日本語の時間が減ってしまうという悩みもあります。

それでも、言語の習得には長い時間をかけた地道な努力が必要と言えるため、根気よく日本語教育を続けていきたいものです。また、子どもとは言え、必ずしも全ての子どもに長けた言語習得能力が備わっているとは言えません。同じ兄弟でも言語の習得が早い子、遅い子、苦手な子などさまざまですが、やはり、親はこうした状況に焦ったり、一喜一憂することなく、子どもに合ったペースや時期に応じて言語教育をしていくことが良いかと思います。

(韓国在住Mさん:韓国人のご主人とハーフのお子さんがいる海外在住ライター)

韓国在住のMさんのブログ記事一覧

韓国人との国際結婚。人との出会い、一日一日、感謝の気持ちを忘れずに

韓国でも「国際結婚」、「ハーフ」が増加!「多文化家庭」という言葉が浸透

韓国人との国際結婚はやっぱり大変!? 婚姻届を出して夫婦になるまで

韓国人との国際結婚での結婚生活って? ~韓国の場合~

時代と共に韓国でも変わる家族関係 韓国人との国際結婚も例外じゃない?

韓国人との国際結婚に悩みはつきもの? 年代で違う悩み

韓国人との国際結婚、韓国の仕事事情は? 韓国でも広がる女性の社会進出

韓国国際結婚。やっぱり日常生活は波乱万丈、驚きの連続?

国際結婚夫婦にとってやっぱり、食生活は重要な問題!? 韓国の食生活事情

外食人気ナンバーワンはやっぱり焼肉! 韓国国際結婚家庭の外食事情

韓国のハーフの現状ってどうなの?問題点とその取り組みについて

日韓ハーフの出産体験。海外での出産は「設備と環境」、「言葉の問題」がポイント

韓国のハーフ男子にとって絶対避けて通れない兵役問題と国籍問題

夫婦別姓でハーフの子どもは名前も二つ。韓国の名前事情とは?

スタイルもさまざまに。ハーフの増加によって変わる韓国の学校

言語教育に関心が高い韓国。ハーフのバイリンガル教育に自治体が取り組む

韓国での悩みは教育・進路。ハーフにとっての悩みはプラスに変えて行こう!

人生のキーワードは「感謝」と「縁」。アラフォーになって考える私のこれからの人生

韓国人との国際結婚へのアドバイス。焦らずに進み、自分の人生に自信を持とう