韓国人との国際結婚、韓国の仕事事情は? 韓国でも広がる女性の社会進出

スポンサーリンク




今や結婚しても女性の多くが仕事を続けるのは世界共通とも言えるのではないでしょうか?

韓国でもそれは例外ではなく、結婚、出産をしても仕事を続ける女性が増えています。

また、仕事をする理由も、「自分自身のキャリアのため」であったり、「生活や子どもの教育のため」、「家にいるより外に出たいから」などいろいろだと思います。

現地に住んで仕事をしていたことがきっかけで結婚に至ったという方もいるので、一概とは言えませんが、国際結婚をして海外で仕事をするということは簡単ではない部分もあります。
 

韓国での仕事 一番の問題は語学力

韓国の場合、国際結婚をして一定の在住期間に達すると「永住権」を申請・取得することができます。

「永住権」は自分の国籍を韓国に変更しなくても取得でき、取得することによってビザの更新をする必要がなくなったり、現地の人と同じ労働条件で働くことができるようになります。

結婚移住者への「永住権」が取得可能になったことで、外国人女性の就労もしやくなってきたと言えますが、反面、問題にも直面しがちです。

仕事を見つける、仕事をするにあたっての一番の問題はやはり「言葉の問題」です。韓国の人たちと対等に仕事をしていくには、語学力は欠かせません。

また、学歴社会の韓国では平均的な収入の職を得るためには、学歴や資格が重視されることも多いため、語学力に加えてこちらも条件となります。

それでも、最近では、食堂やスーパー、工場など幅広い場所で外国人女性が働く姿を見かけ、韓国も変化しつつあることを感じます。

スポンサーリンク




日本人に多い職種は?


そんな中で結婚して韓国に在住する日本人女性たちの活躍も目立ちます。

日本人は日本語を生かした日本語教師や日本語通訳といった職種に就くケースが多いようです。

もちろん、日本語に関連した職ばかりではなく、自分の持った特技や資格を生かして職を得たり、起業をする人もいたりとパワフルな女性も多く心強く感じます。

外国人女性向けの職業訓練プログラムも

韓国では、国際結婚をしている家庭を「多文化家庭」と呼びますが、最近では、「多文化」という言葉が一般にも定着し、各自治体が管轄する福祉会館などで、仕事を求める外国人女性に向けた職業訓練のプログラムや、斡旋も行ったりしています。

人気があるプログラムには、「バリスタ」や「ネイルアート」や「スキンケア」といったものもあります。

外国人にも仕事の門戸を開きつつある韓国ですが、これからもさらに広がってくれればいいなと思っています。

(韓国在住Mさん:韓国人のご主人とハーフのお子さんがいる海外在住ライター)

韓国在住のMさんのブログ記事一覧

韓国人との国際結婚。人との出会い、一日一日、感謝の気持ちを忘れずに

韓国でも「国際結婚」、「ハーフ」が増加!「多文化家庭」という言葉が浸透

韓国人との国際結婚はやっぱり大変!? 婚姻届を出して夫婦になるまで

韓国人との国際結婚での結婚生活って? ~韓国の場合~

時代と共に韓国でも変わる家族関係 韓国人との国際結婚も例外じゃない?

韓国人との国際結婚に悩みはつきもの? 年代で違う悩み

韓国国際結婚。やっぱり日常生活は波乱万丈、驚きの連続?

国際結婚夫婦にとってやっぱり、食生活は重要な問題!? 韓国の食生活事情

外食人気ナンバーワンはやっぱり焼肉! 韓国国際結婚家庭の外食事情

韓国のハーフの現状ってどうなの?問題点とその取り組みについて

日韓ハーフの出産体験。海外での出産は「設備と環境」、「言葉の問題」がポイント

韓国のハーフ男子にとって絶対避けて通れない兵役問題と国籍問題

夫婦別姓でハーフの子どもは名前も二つ。韓国の名前事情とは?

スタイルもさまざまに。ハーフの増加によって変わる韓国の学校

言語教育に関心が高い韓国。ハーフのバイリンガル教育に自治体が取り組む

ハーフやバイリンガルに強い憧れを持つ韓国人。外国語学習のブーム熱も

韓国での悩みは教育・進路。ハーフにとっての悩みはプラスに変えて行こう!

人生のキーワードは「感謝」と「縁」。アラフォーになって考える私のこれからの人生

韓国人との国際結婚へのアドバイス。焦らずに進み、自分の人生に自信を持とう