韓国国際結婚。やっぱり日常生活は波乱万丈、驚きの連続?

スポンサーリンク


最近では日本のテレビでも国際結婚をして海外で生活をする女性たちにスポットを当てた番組を多く目にするようになりました。

日本とは全く異なった文化の中で苦労をしたり、優雅に生活をしたりと様々な国際結婚の側面を知ることができ、関心を持つ人も多いように感じます。

韓国は日本から距離的に近いこと、韓流ブームの影響もあり韓国の生活についてテレビなどで見聞きする機会も増えたことから、身近に感じるようになったと言えます。(しかし近年では、政治的な日韓関係の冷え込みにより微妙な面もあることは否めませんが。)

それでも、一歩、日本を出ればやはり海外。住んでみると様々な違いを感じます。

今回は韓国での日常生活について触れていきたいと思います。

驚きの連続だった韓国生活?

新婚生活が韓国で始まった当初は、何をするにも言葉の壁がありました。

日本にいた頃、仕事関係で韓国語を覚える機会はあったため読み書きはできていたものの、やはり、「聞くこと」、「話すこと」には慣れていなかったためにいつも夫に頼っていたところがありました。

まだ顔を合わせて人と会話をする分には身振り手振りで何とかなる部分も、電話はほぼお手上げ状態でいつもアタフタしていた記憶があります。

スポンサーリンク





それでも、語学学校に通い同じ境遇の友人ができたり、子どもが生まれて外でのつながりが広がったりして、日常生活が楽しくなっていきました。

やはり、同じ境遇の友人を持つことや多少言葉が苦手なうちでもどんどん外に出て行くことが生活になじんでいくための近道と言えるかも知れません。

それでも、住めば都!?


そして、韓国での生活も今年で14年となり、ここでの生活が良くも悪くもすっかり定着しています。

日本に一時帰国し美味しいものを食べたり、友だちに会ったり、買い物をしたりと思い切り羽を伸ばして楽しむと「やっぱり日本はいいなあ!」とつくづく思います。その反面、韓国の自宅に戻ると「ああ、我が家に戻って来た~!」とホッとします。

日本は自分の故郷であるが故、いくつになっても日本への思いはあり、一生変わることはないでしょう。やはり、「旅行で訪れること」と「結婚でそこに住むこと」は全く違います。

それでも、長く住むこと、そこで家族を持つこと、苦労を超えた後に自分が居心地の良さを感じていればそれはもう立派にそこに対して愛着を持ち、根付いていると言えるのではないでしょうか。
 
(韓国在住Mさん:韓国人のご主人とハーフのお子さんがいる海外在住ライター)

韓国在住のMさんのブログ記事一覧

韓国人との国際結婚。人との出会い、一日一日、感謝の気持ちを忘れずに

韓国でも「国際結婚」、「ハーフ」が増加!「多文化家庭」という言葉が浸透

韓国人との国際結婚はやっぱり大変!? 婚姻届を出して夫婦になるまで

韓国人との国際結婚での結婚生活って? ~韓国の場合~

時代と共に韓国でも変わる家族関係 韓国人との国際結婚も例外じゃない?

韓国人との国際結婚に悩みはつきもの? 年代で違う悩み

韓国人との国際結婚、韓国の仕事事情は? 韓国でも広がる女性の社会進出

国際結婚夫婦にとってやっぱり、食生活は重要な問題!? 韓国の食生活事情

外食人気ナンバーワンはやっぱり焼肉! 韓国国際結婚家庭の外食事情

韓国のハーフの現状ってどうなの?問題点とその取り組みについて

日韓ハーフの出産体験。海外での出産は「設備と環境」、「言葉の問題」がポイント

韓国のハーフ男子にとって絶対避けて通れない兵役問題と国籍問題

夫婦別姓でハーフの子どもは名前も二つ。韓国の名前事情とは?

スタイルもさまざまに。ハーフの増加によって変わる韓国の学校

言語教育に関心が高い韓国。ハーフのバイリンガル教育に自治体が取り組む

ハーフやバイリンガルに強い憧れを持つ韓国人。外国語学習のブーム熱も

韓国での悩みは教育・進路。ハーフにとっての悩みはプラスに変えて行こう!

人生のキーワードは「感謝」と「縁」。アラフォーになって考える私のこれからの人生

韓国人との国際結婚へのアドバイス。焦らずに進み、自分の人生に自信を持とう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう