中国人夫との日中ハーフ、私が中国での出産を選んだ訳

スポンサーリンク


私は中国・上海で日中ハーフの子を出産しています。中国と日本、どちらで出産するか悩みましたが、私たちは中国を選びました。

特に問題なく妊娠期を過ごせたので、大きな不安もなく、出産まで迎えることができました。

上海の産院事情

上海の産院は、大きく分けて3種類になると思います。極一般的なローカル産院、総合病院の産科、外国人や富裕層向けの高級産院。

私は総合病院の産科で出産しました。家族がよくお世話になっている病院で信頼しているから、というのが理由でした。私的には外国人向けの産院の方が安心だな、と思っていたのですが、話を聞いていくと緊急時には施設的に対応できず、総合病院に回されると聞き、であれば初めから総合病院の方が安心かも、と思い直しました。

産科はいつも混んでいてすごい人ですが、お金を払うことでVIP待遇を受けることができました。1000円程度の支払いで、待ち時間なく診てもらえていたのは良かったです。

日本での出産経験がないので比べることはできないのですが、特に不便や不快な思いはせずに出産まで迎えられました。ただ、中国在住の他の方のブログを読んだりしていると、結構な割合で嫌な思いをしているようなので、私は運が良かっただけなのかもしれません?

スポンサーリンク




産後のお世話と食事は各自で用意

一つ大きな違いを思い出しました。実際に日本での出産経験はありませんが、日本の産院では出産後のお世話も食事も病院任せですよね?

でも中国は違います。全部の産院がそうなのかはわかりませんが、私が出産した総合病院は、産後のお世話と食事は各自で用意でした。産後の私と赤ちゃんのお世話は、夫と義父母、そしてお手伝いさんを雇いました。夜間も、夫とお手伝いさんが泊まり込みでお世話をしてくれました。

また、食事も自宅から持ってきます。義父母がいろいろと用意して運んでくれていました。母乳が出るようにと、豚足のスープとか飲まされましたね。そのおかげかどうかは分かりませんが、出産翌日には母乳が出るようになりました。それと、私は利用しませんでしたが、食事は病院でも注文は可能でした。朝注文すると、昼・夜・翌朝に給食のように運んできてもらえていました。

入院期間は4日間くらいだったと思います。

出産費用は日本よりも割安。でも…


出産費用は日本よりも割安だと思います。ただ高級産院を利用すると100万円以上かかるようなところもあるので一概には言えないのですが。

それと、上海に住んでいると、日本のように出産一時金の補助がもらえないので、すべて実費になります。そう考えると、日本で出産した方が補助がある分安く済んだかもしれませんね。

中には、妊娠中に日本に帰国して、一時的に国民健康保険に加入。中国で出産後に補助を受け取る手続きをしている方もいるようです。それが規則として良いのか悪いのかよく分かりませんが、そういう方もいるようです。

(中国在住Rさん:中国人のご主人とハーフのお子さんがいる海外在住ライター)

中国在住のRさんのブログ記事一覧

中国人と国際結婚! なぜ、日本人男性と結婚できなかったの!?

中国人と国際結婚。仕事で来たはずの上海で運命の出会い!?

中国での結婚式、そして婚姻届。結構面倒くさい手続き関係

中国人との国際結婚で驚いた結婚生活。自立をしなくても良いの?

中国人家族は常にベッタリ!? 国際結婚で分かった驚くべき真実

中国人と国際結婚、私の一番の悩みは言葉と将来

上海在住、中国人男性と結婚した日本人女性。仕事はどうする?

中国での国際結婚生活。日常は何も特別感がない、まさに日常

国際結婚だからこそ楽しめる異国の食生活。中国料理は奥が深い

中国人と結婚して中国に住む。気を付けることは何がある?

中国人パパがいる日中ハーフ。都会では珍しくなってきたハーフ事情

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう