中国での国際結婚生活。日常は何も特別感がない、まさに日常

スポンサーリンク




中国で生活をし始めて10年以上が経ちました。

中国で暮らしていると言っても、もうそれが私にとっては当たり前で、外国で暮らしている新鮮味などもまったくありませんね。

日常生活は何の特別感もない、日常です。笑

日常生活、日本との中国の違い

日常生活、日本と中国の違いは何があるでしょうか? もうすでに10年以上経っていることから、その違いもはっきりしませんね。しかも、日本で生活していた頃は激務の独身、上海では家族がある身。その違いの方が大きいかもしれませんね。

東京と上海を比べても、地下鉄やバスでの移動が便利なところ、世界各国のいろいろな料理を気軽に食べられるところ、外国人が普通にたくさんいるところ、などは共通しているかもしれませんね。

移動は安く済む

絶対的に中国が良いといえるのは、やっぱり安さですかね。年々物価は上がってきてはいますが、それでもやっぱり、地下鉄もバスもタクシーも外食も、日本に比べたら激安です。

特に、普段の移動手段である地下鉄とバスは安いですね。カードにチャージしておくと、より安くなります。1回30~50円程度で済みます。

それとタクシーも格安です。とはいえ、地下鉄やバスに比べると割高なので、急いでいる場合や2,3人で移動する時に使ったりします。でも、時間や場所によっては渋滞で地下鉄の方が早く着いたりもするので、そこの見極めは重要ですね。

スポンサーリンク




家政婦を気軽に雇える

そうそうこれは、中国生活の大きな利点だと思います。家政婦を気軽に雇うことができます。我が家では、週に3回、2~3時間来てもらい掃除・洗濯をメインに行ってもらいます。

中国は日本より砂っぽく、マンションの立て付けも良くないので、すぐに床が粉っぽくなってしまうんですよね。掃除機だけでは駄目で、モップと雑巾でゴシゴシやる方がキレイになります。なので、家政婦任せ。

それと時々、中国の家庭料理を作ってもらいます。今の家政婦は湖南省出身の方なので、珍しい湖南料理を食すことができます。以前は、また違う地方の家政婦で、その地の家庭料理を作ってもらっていました。

家政婦費用は年々上がってきてはいますが、1ヶ月5000円程度で済んでいます。その安さは魅力的です。

日常生活には特別感がない


これは、どこに住んでいても同じだと思いますが、慣れてしまえば日常生活には特別感はないと思います。

むしろ、私にとっては日本に帰国した時の方がいろいろな発見や驚きがあります。すでに中国の感覚になってしまっているので、ちょっとしたことで大げさに驚いたりしてしまうので、実家の両親や友達に笑われることが多いです。

総じて言って、今の私にとっては中国・上海が居場所であって、居心地が良い場所なんだと思います。なので、日常生活に特別な感じもなく、普通に生活ができているんだと思います。

(中国在住Rさん:中国人のご主人とハーフのお子さんがいる海外在住ライター)

中国在住のRさんのブログ記事一覧

中国人と国際結婚! なぜ、日本人男性と結婚できなかったの!?

中国人と国際結婚。仕事で来たはずの上海で運命の出会い!?

中国での結婚式、そして婚姻届。結構面倒くさい手続き関係

中国人との国際結婚で驚いた結婚生活。自立をしなくても良いの?

中国人家族は常にベッタリ!? 国際結婚で分かった驚くべき真実

中国人と国際結婚、私の一番の悩みは言葉と将来

上海在住、中国人男性と結婚した日本人女性。仕事はどうする?

国際結婚だからこそ楽しめる異国の食生活。中国料理は奥が深い