国際結婚後の居住地について どこに住むのがいい?

スポンサーリンク



ミックスクラブ12-1
国際結婚や海外生活に漠然とした憧れを持つ日本人も多いですが、何事も憧れだけでは生きていけません。結婚生活には様々なターニングポイントが訪れ、その度に決断を迫られます。国際結婚となるとその機会はより多いものとなるといっても過言ではありません。

最大のターニングポイントの一つは、国を跨いだ居住地の選択と言えるでしょう。また、その機会は一度きりとは限りません。特に国際結婚をした場合は、様々な事情で国を超えた移住を求められる可能性が常にあることを頭の片隅に入れておいた方がいいかもしれません。

国際結婚して日本に住みたいけど…

ミックスクラブ12-2
日本を居住地に選んだ場合、外国人である配偶者にとっては異国の地での生活になります。当然のことですが、日常生活においてはもちろん、様々な点において日本人であるあなたのフォローが必要です。必要書類など事務的なものはあなたがしてあげなければならない可能性も高いです。ましてや、日本語があまりできない配偶者の場合はなおさらです。

また配偶者がすでに安定した職業についている場合を除いては、あなた自身が大黒柱となって配偶者を養うつもりくらいで生活設計した方がいいと思われます。配偶者の日本語のレベルや母国での就労経験にもよって大きな違いがあるとは思いますが、日本での就労が初めからうまく行くとは思わない方が無難です。また、もし職に就くことができたとしても、日本独特の就労形態に外国人配偶者がうまく馴染めるかという別に問題が出てくるかもしれません。次から次へと配偶者に出てくる問題を、母国に住むあなたがどのように寛大に受け止める力が試されます。

相手の母国に移住する

ミックスクラブ12-3
次に可能性として高いのは、相手の出身国に移住して一緒に生活するケースです。二人がその地で出会った場合は、多少はその国での生活にも慣れているかもしれませんが、そうでない場合は慣れるまで様々な苦労に直面することなります。慣れない生活とストレスが悪循環に交差し、精神的に不安定になることもあるでしょう。実際、国際結婚をした配偶者の母国に移住したものの、すぐにホームシックになって日本に戻ってきた、なんて話を聞いたりすることもあります。またその後、配偶者の母国に戻ったりして、定住を決めるまでに数年以上を有する夫婦もいます。

また、特に女性が母国を離れる場合、自分が生まれ育った国とは違う国で妊娠、出産し、子育てをしていくことになります。ただでさえ初めての経験で、わからないことだらけなのに、母国とは違う国での妊娠、出産となると、その不安さは言うまでもありません。日本で里帰り出産を希望する方もいるかもしれませんが、国によっては里帰り出産の文化のない国もありますので、ご主人や彼の家族がどこまで理解してくれるかもわかりません。

またその後は、教育制度の違う国での子育てに追われることになります。しつけやマナーの文化も違い、どのように子育てするかは常に悩みながらのものとなりそうです。

スポンサーリンク




第三国に住む場合って?

日本でもない、配偶者の母国でもない、第三国に移住をする国際結婚夫婦もいます。仕事の関係でそう選んだご夫婦もいらっしゃるでしょうし、政治的背景などで敢えて母国から移住という道を選んだご夫婦もいらっしゃるかもしれません。

どちらにしろ、夫婦のどちらにとっても母国でない国で生活を始めるのは大変なことです。近くに家族や友達もいない状態から始めなければなりませんし、様々な手続きを二人とも外国語でやりくりしていかなければなりません。ただ、どちらにとっても公平に異国なので、どちらか一方に依存する関係にはなりませんので、常にフェアな関係でともに困難に立ち向かうことができます。

まとめ

1. 日本に住む場合は、様々な点で日本人であるあなたが大黒柱になる必要がある。

2. 女性が日本から移住する場合は、異国の地での妊娠、出産、そして子育ての問題。

3. どちらの母国でもない第三国への移住の場合は、困難も多いが常にフェアな関係。

今は他国に移住してその生活を楽しんでいても、最終的には生まれた国に帰りたいと思っている人も多いです。また、本人は最終的にと思っていても、家族の事情などである日突然、国を超えた移住を求められる可能性もあります。国際結婚の居住問題は一生つきまとう問題といっても過言ではありません。その都度、夫婦で話し合って解決していくしか解決する方法はないのです。

(コラム:Aさん●カナダ在住の在宅ライター、カナダ人男性と国際結婚)