ハーフ=バイリンガルは大間違い!? 実は大変なバイリンガルへの道

スポンサーリンク



ミックスクラブ22-1
自分は好きで選んで他言語を話す外国人と結婚したけれど、やはり自分の親が孫と会話できないのは可哀想。国際結婚をした人の中にはそう思う人も少なくありません。ハーフの子供は自然とバイリンガルになると漠然と思っている人も多いかもしれませんが、それは大きな間違いです。確かにバイリンガルで育っているハーフの人も確かにたくさんいますが、その陰にはハーフの子供だけでなく、国際結婚をした親の多大なる努力があるといっても過言ではありません

異国語教育はなぜうまくいかないのか?

ミックスクラブ22-2
異国語を話す親が身近にいるからといって、全てのハーフの子供が上手に両親の母国語を話せるわけではありません。特に親がバイリンガルであり、母国語とは別に現地語も流暢に話せてしまう場合、子供は現地語で親と会話し生活していけてしまいます。逆に親が母国語しか話せない場合は、子供のバイリンガル力は飛躍的にアップします。なぜなら、親との会話が現地語と異なり、常に通訳を求められる立場になるからです。

人間の能力は、努力によって伸びることももちろんありますが、必要に迫られて伸びることもたくさんあります。わかりやすい例をあげると、日本の英語教育そのものです。なぜ、日本では英語教育をしているにも関わらず、英語を話せない人が多いのでしょうか。答えは簡単です。英語を話せなくても生きていけるからです。日常生活の中で、英語を話さなければならないことがないのです。外国のニュースもすぐに翻訳されて日本語で読むことができます。

スポンサーリンク





日本の翻訳技術の進歩は、その後の日本の英語教育を大きく妨げるという皮肉な結果を生むことになります。翻訳技術の進んでいなかった他国では、大学で使う教科書は出版された言語、特に英語で書かれたものをそのまま使われていたと言います。それゆえに大学生になって知りたいことを学ぶには、研究分野にかかわらず、まず英語ができることが大前提でした。その点、日本では日本語に翻訳された教科書で学ぶことができてしまいました。これはまさにハーフの子供と親の関係と同じと言えるでしょう。

子供が学校に行き始めることでできる弊害

バイリンガルの親が、意図的に子供もバイリンガルにさせるために敢えて現地語と違う言語で会話することも多くあります。特に脳の柔らかい子供のうちにと考える人も多いようです。親と一緒にいる時間が多い幼児の間は順調にいきやすいのですが、子供が現地の学校に行き始めると、それまでのバイリンガル教育が急激に困難に感じるようになります。学校に行き、友達ができ、より社会と交わるようになると、現地語の使用割合が極端に増え、それまでの親との会話の機会そのものが激減することになり、つまりは現地語以外の言語を使う機会も激減するのです。
ミックスクラブ22-3
現地語での友達との会話に慣れてくると、子供にとっては現地語での会話の方が楽になってきます。実際、親が敢えて違う言語で話しかけても、子供が現地語で返事をするという光景もよく見かけます。こうなってくると、親と子供の根気比べです。親がバイリンガルでない場合は、否応なしに子供に通訳を頼むしかありませんが、バイリンガルの親の場合は、自分も話せてしまうため一緒に現地語で話す方がお互いに楽になってくる場合もあります。しかし、ここで親が諦めてしまうと子供のバイリンガルへの道は非常に困難なものとなります。

話せることと、読み書きは違う

ミックスクラブ22-4
バイリンガルが二言語とも同じレベルで読み書きや話すことができるかというと、そうではありません。二言語を話すことはできても、読み書きは第一言語のみというバイリンガルも少なくありません。

最近では日本でもインターナショナル・スクールの話をよく聞くようになりました。日本人の親を持っていても、インターナショナル・スクールに行き、日本語も英語も流暢に話すことができるという人もいるでしょう。しかし、彼らの日本語の読み書き能力が、他の日本の一般的な学校を出た日本人と同じかと言われるとそうではないように思います。

もちろん人それぞれ能力に差はありますから一概には言えませんが、第二言語の読み書きは第一言語のそれに比べると劣るのが一般的なようです。また、子供の時からバイリンガルの場合は、第二言語も習得しているため、第一言語の言語能力が他の単一言語習得者の子供よりも低いとみなされることも多いと聞きます。

まとめ

1. 能力は努力のみではなく、必要に迫られ伸びることもある。

2. 子供の語学習得に必要な、親の「継続は力なり」

3. バイリンガルと一言で言っても、第一言語と第二言語の習得に差がある場合が多い。

ハーフであるからと放っておいても自然にバイリンガルになれるものではありません。やはり何事も他人にはわからない、見えない努力や苦労があるものです。

(コラム:Aさん●カナダ在住の在宅ライター、カナダ人男性と国際結婚)