家族って何!? 国際結婚と家族の定義

スポンサーリンク



ミックスクラブ29-1
同じ日本で育ち、日本人同士で結婚し子供を持った家族であっても、家族の定義はそれぞれの家庭によって違うものです。

国際結婚をしたカップルと、ハーフの子供で構成される家族の定義はより一層大きなふり幅を持つものになり得ます。日本では当たり前と思われている家族の定義は、実は世界的に見れば実はとても変わったものなのかもしれません。

家族なのか?ルームメイトなのか?

ミックスクラブ29-2
特に欧米の国々では、夫婦はどんなに歳を重ねても同じベッドで寝るのが一般的と言われています。しかし、日本人夫婦は、結婚後数年たつと別々のベットで寝る夫婦が多いというデータもあります。また、寝室すら別にしてしまうケースも珍しくはありません。

子育てや過労といった様々な理由はあるものの、これは他国の人々を驚かせる日本の夫婦の文化の一つと言えます。

また子供や、女性の経済力など理由から、家庭内別居や仮面夫婦を続けるという考えも、世界的に見ると一般的ではありません。ルームメイト的存在になってしまった時点で、離婚や別居を始める方が健全と考えられているようです。

日本では、子供ができると同時に、夫婦は男女ではなく、父親、母親という役割が大きくなる傾向にあるように思います。もちろん子供から見れば、彼らはお父さん、お母さんではあるのですが、子供からだけでなく、夫婦間においても、また社会的にも、親としての立場を期待される機会が多いのでしょう。子供の想っての行為が、少々皮肉な形で夫婦間の関係に水を差す結果になることもあります。

子供は子供。親は親。それぞれの人生

それに対し欧米では、子供がいてもあくまでも自分の人生は自分のものであるという個人主義の考えが、家族の定義でも定着しているように感じます。決して日常生活において子供を優先しないわけではないですし、彼らにも子供に対する愛情もあります。ただ、日本人夫婦に比べると、親になった時の子供のためへの自己犠牲の割合の比率が、少々低いという印象があります。

例えば、日本では批判の対象になりやすいベビーシッターですが、欧米では当たり前のこととして、一般家庭にも受け入れられています。少なくとも月に一度は、子供をベビーシッターに預けて、夫婦水入らずでデートに出かけることをルールにしている夫婦も多くいます。

母であり、妻でもあるけれど、女でもいたいという女性と、そういった女性を求め、理解する男性、また、子供さえもそれに協力してベビーシッターと夜を過ごし、眠りにつくのです。3歳の子供であっても、それが当たり前のことなのだと教育を受け、当然のことのように受け入れます。

スポンサーリンク





その個人主義的考えは、子供の成長後にも見られます。例えば、日本では大学の学費も親が出すケースも多いですが、海外では親には一切頼らず、自分で学生ローンを組んで進学する学生も多く、国によってはそれが主流である国もあります。

その後、自分で学生ローンを返しながら生活し、自分の生活を築きます。それゆえに、遠く離れたところで生活する子供を親として思う気持ちはありながらも、子供の人生として受け入れます。特に広大な国土を持つ国であれば、同じ国の中に時差があったり、法律も違ったりしますので、国を超えてしまうことすらも、日本ほどあまり抵抗がないのかもしれません。

人生の優先順位は何か?

ミックスクラブ29-3
生活において仕事をどうとらえるかは、人生の優先順位にも大きく反映するといえます。もちろん、世界のどこの国で生活するにしろ、仕事に携わなければ生活が成り立たない原理はあまり変わりません。しかし、仕事のためにどれだけ家族を犠牲にしてよいかというラインは大きく異なる場合があります。

日本では一般的に受け入れられている単身赴任という家族環境が、外国人には理解できない場合もありますし、過労死なんて言葉が存在することすら理解できないという人もいます。家族と幸せな人生を歩むために働くのに、本末転倒だと考える人もいるようです。

まとめ

1. 日本における家族の定義が、世界の家族の定義とは限らない。

2. 家族のために自分を犠牲にしすぎない、家族を干渉しすぎない人生。

3. 自分にとっての人生の優先順位を考える。

国際結婚に限らず、家族の形はそれぞれ違います。どの家族にも様々な問題はあるものですが、すべての家族に当てはまる絶対的な正解はありません。それぞれ個人の人生における優先順位、また家族全体での優先順位を日々話し合い、自分たちに合った答えを一緒に見つけながら生活していくしかないのです。

(コラム:Aさん●カナダ在住の在宅ライター、カナダ人男性と国際結婚)