国際離婚にならないために。国際結婚前にチェック

スポンサーリンク



国際結婚が以前よりも身近なものになった一方、国際結婚の離婚率が高いという話もよく聞くようになりました。実際、日本人同士の結婚よりも、国際結婚の方が離婚率は少し高いという統計結果もあるようです。

周りの反対や、結婚後の困難をわかっていて、それでも結婚しておきながら、、、という厳しい意見も飛んできそうですが、誰だって結婚するときは、離婚するなんて思っていませんよね。きっと大丈夫、そう思って結婚を決めたものの、離婚を避けられない状況になるのはなぜでしょうか?具体的な例を挙げて、紹介していきましょう。

国際離婚の原因。日本人も、外国人も同じ

ミックスクラブ6-2
国際離婚の理由として挙げられるのが、「性格の不一致」。でも、これって日本人同士の離婚でも一番に挙げられる理由ではないでしょうか?

結局、「日本人だから」「外国人だから」なんていうのは、都合の良いお決まりのフレーズで、人種にかかわらず性格だって人それぞれ違うし、相性だってそれぞれのカップルで違うということです。当たり前のことなんですが、国際結婚や離婚になった途端、国籍ばかりが注目されて、ついついこの当然の法則を忘れがちになってしまいます。

頑張りすぎるあなたは、本当のあなたではない

ミックスクラブ6-3
国籍や文化の違いばかりが気になり、個々の性格を忘れてしまうことは、国際結婚をした当人にもあり得ます。例えば、文化が異なるのは当たり前と思うばかりに、相手に必要以上に合わせすぎてしまうところはないでしょうか?最初は我慢していることさえも美しいと思えるかもしれませんが、我慢して作り上げたものは長続きはしないものです。

大切なのは、お互いに自分の考え方や意見をきちんと伝えることであり、どちらかに合わせて自分の意見を消してしまうことではありません。お互いに異なる意見を理解する努力をすることは必要ですが、それはどちらかを言いくるめるわけでも、無理やり従わせることでもありません。違っていていいし、同意しなくてもいいのです。お互いの意見を尊重しつつ、歩み寄れる部分、できない部分を含めて、二人で解答を作っていくことが大切なのです。最初にこの関係を作れなかった国際結婚カップルは、後に離婚する可能性が高いといえるかもしれません。

スポンサーリンク




ステレオタイプにとらわれ過ぎない

ミックスクラブ5-3
今度は逆に、相手に対して、国籍からくる典型的なイメージを持ちすぎていないでしょうか?「あの国で育ったのだから、こうに違いない。」「同じアジア出身なんだから、わかってくれるはず。」「こんな日本人っぽいこと、言うわけない!」
そんな先入観を持って外国人と接していると、想像していたものと全く違う反応をされることもたくさんあります。もちろん、いい意味で裏切られることもありますが、いつもそうとも限りません。特に、自分の思い描いていた期待にそぐわなかった場合、人は落胆し、失望するのです。

でも相手にしてみると、ただ自分らしくいるだけですし、勝手に期待したのはあなただと思う人もいるかもしれません。国籍はあくまでもその人の一部であり、すべての行動パターンを決めるわけではないのです。

国際結婚にかかわらず、他人と一緒に生活するということは、その人の知らない部分を日に日に知っていくということ。新しい発見の連続です。パートナーがあなたに見せたギャップを見て、落胆、失望するか、それとも、萌えて、いとおしく思えるか。実はあなたの心の持ちよう次第なんだと思います。

また、あまりにも国籍に対してステレオタイプのイメージを持ちすぎるのは、個性の無視にもつながります。自分にそんなつもりはなくても、知らず知らずのうちに相手の存在を否定するような態度や行動をとってしまっていることもあります。

こういった言動は世界の流れ的には人種差別やモラルハラスメントと取られてしまう場合もありますので、国際結婚を考えている人は特にしっかり理解しておくべき点です。また、国際結婚したカップルを家族に持つ方にも理解しておいてほしい点です。

スポンサーリンク


まとめ

1. 人種にかかわらず、離婚原因の理由1位は「性格の不一致」

2. 本音を話せない関係に絆はない。

3. 国籍は個性の一部であって、すべてではない。

根本的なところは日本人同士の結婚も、国際結婚もあまり変わりません。でも、国籍というものが付加価値的に様々な障害を作り上げることも否めません。それゆえに離婚率も多少高いですが、逆に、その困難を乗り越えた国際結婚カップルの絆は、非常に固いと言えるかもしれませんね。

(コラム:Aさん●カナダ在住の在宅ライター、カナダ人男性と国際結婚)