国際お見合い!? 国際結婚の仲介者

スポンサーリンク



ミックスクラブ7-1

いつの時代も男女の出会いは様々。出会いのすべてが結婚に結び付くわけではない点を踏まえると、結婚の数以上に出会いの数が存在するということ。

昔から恋愛結婚と対照的に挙げられるのがお見合い結婚。数世代前の日本では、世の中の結婚のほとんどがお見合い結婚で、結婚式の当日まで相手の顔を知らなかったとか、相手は親の決めた人で本人に拒否する権利はなかったとか、現代では考えられないようなエピソードと共に語られたものです。

昔に比べるとお見合い結婚の比率は急激に減ったといわれますが、今の時代にも少なくともあれ、実際にお見合い結婚をする人達がいます。そして、国際結婚においても、国際的にお見合いをして結ばれている人たちもいるのです。

国際お見合いはどうやって行われるの?

ミックスクラブ7-2
一昔前は、どちらかと言えば先進国出身でお金持ちの男性が、発展途上国の女性を仲介業者に紹介してもらい、お互いに同意が得られた場合は、男性がお金を支払って自国に嫁に来てもらうというのが典型的な方法だったようです。

現在はインターネットの発展のおかげで、ウェブサイトで登録女性リストを見ることができますが、インターネットができる前は、女性のカタログがあったのだとか!!カタログの中から女性のプロフィールや写真を見て気に入った人がいた場合は、実際に手紙を送って文通したり、旅費を払って会いに来てもらったりしたそうです。

出会い系サイトとは何が違うの?

ミックスクラブ7-3
さて、現代の国際お見合いで利用されているのもオンライン。では、よく話題になる出会い系サイトとは、国際お見合いでは何が違うのでしょうか?

ことをシンプルにするために、まずは日本人同士の場合で考えてみましょう。出会い系サイトのサービスと実際のお見合いで違う点は、いろいろ世話を焼いてくれる仲介人がいるという点ではないでしょうか?つまり、国際お見合いにおいても、どれだけ仲介人がしっかりとサポートするかどうか、という点ではないかと思います。

国際結婚あっせん会社は、両国に現地スタッフを配置していて、様々なサービスを現地提供しています。もちろんサービス内容は各会社それぞれの特色があるでしょうが、場合によってはクライアント1人のためにお見合い旅行を企画したり、女性の嫁ぎ先の国の言語取得のために学校と提携したりしているところもあったりするようです。結婚が決まった際はもちろん、渡航の準備から渡航先までの手配、また、国際結婚に至るまでの手続きなどもスムーズにできるよう、法律の専門家のサポートを宣伝文句にうたっている会社もあります。

確かにここまでお節介なまでに仲介してくれる人がいれば、結婚を考えていないのに気軽に登録してみたり、中途半端な行動はあまりできないかもしれませんね。そして、それだけ真剣にお世話してくれる人がいるのですから、それなりの報酬を支払わなければならないということだと思います。

スポンサーリンク




どんな国の人が国際お見合い結婚しているの?

以前は、先進国のお金のある男性の花嫁探しという色も強かった国際お見合いですが、昨今の結婚に対する価値観の多様化、女性の社会進出の背景と共に、少しずつ変わってきてはいるようです。「国際結婚」「仲介」で検索をかけてみると、多くはありませんが、女性がお金を払って婿探しをするというものもありました。

また、日本人男性を結婚して日本での生活を夢いているアジア人女性は今でも多いようで、タイ、ミャンマー、フィリピン、中国、ベトナムなどの女性を紹介する仲介会社が多数あります。それ以外にも、ロシア、ウクライナなどのエリアからの女性にも人気のようです。

結婚後もうまくいってるの?

ミックスクラブ7-4
一般的には、お見合い結婚をしたカップルの離婚率は、恋愛結婚のそれより低いといわれています。これが国際結婚にも当てはまるかと言われると、はっきりしたデータはわかりません。ただ、お見合いの最大の利点は仲介者という第三者が入ることによって、結婚までの様々なステージにおいて、冷静に判断を下せるという点です。

まとめ

1、 国際お見合いは昔から出会いの1方法として存在する。

2、 仲介者が国をまたいで様々なサポートを提供してくれる。

3、 日本人男性と結婚したいアジア人女性は、今でも多い。

4、 第三者が入るお見合い結婚の離婚率は一般的に低い。

「結婚と恋愛は違う」とよくいわれますが、その点を考えるとお見合いは最初から結婚相手として出会うわけですから、合理的な出会いの方法といえます。しかし、結婚はゴールではないということをしっかり考えておくことも大切です。

(コラム:Aさん●カナダ在住の在宅ライター、カナダ人男性と国際結婚)