バイリンガルになるには何歳までがリミット?

スポンサーリンク



「バイリンガル」とは一般的に「二つ以上の多言語をどちらも同レベルで話せること」という認識がされています。しかし、実際の「バイリンガルの定義」とは個人によってさまざまと言えます。「『会話力』だけで『バイリンガル』とするのか? 」、あるいは「『会話力』、『読解力』、『筆記力』の全てを含めて『バイリンガル』とするのか?」といった具合に判断がわかれます。

「会話力」だけで「バイリンガル」と判断した場合、現在の国際化社会や国際結婚や留学、就職といった環境からも「バイリンガル」とされる人の数は相当数になるものと思われます。
ミックスクラブ ハーフ25-1
実際に「子どもの言語能力は大人と比較しても柔軟性があり、習得も早い」と言われ、それが妄信的に認識されている部分もあります。確かに、子どもは「文法」だの「語順」だの「発音」といった語学に関する知識がない分、先入観なしにまずは耳から聞いて言語を覚えて行きます。しかし、全ての子どもがそうであれば、語学習得にこんなに苦労することはないのではないでしょうか? やはり、子どもと言えど、言語の吸収力や習得の速度には、「語学センス」や「気質」や「性格」も関係し、個人差があると言えます。

このため、同じ親から生まれた兄弟、姉妹であっても言語能力に差があり、「お兄ちゃんは英語も日本語もしゃべれるけど、弟は英語が苦手なの」といった話も聞きます。

バイリンガルと年齢の関係

ミックスクラブ ハーフ25-2
これまでにも「バイリンガル」関連の記事の中で、度々、私自身の子どもたちのケースについても触れてきました。現在、私たち家族は韓国に住んでいますが、小学校高学年の長男は「韓国語」と「日本語」の会話はどちらも問題なくでき、休暇で日本に行っても一人で買い物に行ったり、人に何かを尋ねたりすることも普通にできます。

少し年が離れた次男は幼稚園児ですが、彼の現在の言語は「韓国語」がメインで、日本語は「聞いて理解すること」はできているものの「自分から日本語を話す」ということが苦手です。それでも、日本に遊びに行くと、人なつっこい性格もあってか、おばあちゃんと一生懸命に話そうとしたり、一時保育で行った保育園でも日本語が苦手なりにも友だちと遊んだりと彼なりに努力して楽しんでいる姿を見ると、焦らずに少しずつ、例え完全なバイリンガルにならずとも本人がやる気になった時に「日本語」をゆっくり習得できればいいかなと思っています。

……とここまで私の考えを書きながらある疑問が思い浮かびました。「バイリンガルの定義の中に『年齢』はあるのか? 」というものです。

この疑問を調べるべくネットで「バイリンガル 何歳」、「バイリンガル 年齢」といった関連キーワードで検索をかけると実に多くの情報がヒットします。やはり、国際結婚の件数増加と共にハーフの子どもの出生も増えたこと、英語を初めとした幼児期からの言語教育に関心が高まっていることを示していると言えます。

よって、「バイリンガルと年齢」の関係について言語の専門家の方、教育関係者の方、海外で長年育児を経験した方、ハーフを持つ親など実にさまざまな人からの見解や意見が書き込まれています。

10歳の時点で二ヶ国語以上の多言語を一定のレベルでキープしていれば「バイリンガル」としての定義に当てはまるが、それ以降は「バイリンガルになることはできない」とする意見や、「絵本の読み聞かせや家庭内での会話、日本語のDVDの視聴といった試みをあれこれしてはいるもののなかなか効果がない」という声、「5歳まで日本語が話せなかったが、長期の一時帰国で日本の保育園に入園させたところ、あっと言う間に日本語を理解し話せるようになった。」など、やはり、人それぞれ、個人の言語の能力の差にもよるところが大きいかなという印象を受けます。

スポンサーリンク





ただ、多くの意見の中で共通していたのが、「バイリンガル=会話力」という認識、「バイリンガルに一番大事なことは言語の発音であり、年齢が上がれば上がる程、自然な発音をマスターしたり、矯正することは難しくなる」という意見。

また、「読むこと」や「書くこと」に関しては後からでも勉強によってどうにでもできるという意見も見られました。

こうした多数の意見を総合的に見ると、「バイリンガル」の定義とは「会話力」特に「発音」が重視され、そして、一つの目安として10歳前後までに二ヶ国語以上の言葉を話せるかどうかというのが鍵になっているようです。

読み聞かせには関係ない

ミックスクラブ ハーフ25-3
ここまで読んで「それじゃ、うちの子は無理かも」とガッカリした人もいらっしゃるかも知れません。しかし、一般的な意見を鵜呑みにしてしまう前に、親としてできることから始めてみませんか?

私が聞いた中で、国は異なるものの、教育者の方たちが「バイリンガル教育」について言っていた意見に共通しているものがありました。それは「親が自分の母国語で本の読み聞かせをしてあげること」、「小学校高学年になろうとも年齢は関係なく、子どもと本を読み合うことは有効である」というものでした。

海外にいるとなかなか日本語の絵本や本が入手しにくいという点もあるかも知れません。
しかし、現在では、インターネットを通じて入手したり、居住地の大使館や総領事館を通じて申請すれば日本の学校で使用されている教科書を受け取ることもできます。

あきらめてしまう前に行動あるのみです! 強制や無理をさせてはいけませんが、それでも、子どもの可能性を信じて選択肢を広げて行きたいものですね。

まとめ

1. バイリンガルの定義として重要視されているのは「会話力」であり、特に発音によって「バイリンガルかどうか?」の分かれ道になる。

2. 特に「発音」は年齢が上がれば上がる程、自然なもの、矯正が難しくなるとされる。

3. よってバイリンガルの年齢の目安を「10歳前後」と定める意見も見られる。

4. 子どもによって言語力の差は環境や能力によって大きいことは否めないが、親の母国語による「本の読み聞かせ」は言語習得の助けになる。

(コラム:Mさん●韓国在住、日本と韓国のハーフを育てるママさんライター)