無限の可能性を秘めたバイリンガルの進路選択

スポンサーリンク



バイリンガルの人たちにとって、進路を考えるにあたって「語学力」は大きな武器となりえると言え、選択肢も多いと言えるのではないでしょうか?
ミックスクラブ ハーフ27-1
「国際化」や「英語教育の強化」が叫ばれる中で、「バイリンガル」というポイントはプラスになり、「大学進学」にあたっては、「日本の大学」と共に「海外の大学」への進学も視野に幅広い進路の選択と可能性があると言えるのではないでしょうか?

今回は、「バイリンガル」の人たちの進学の現状や声をクローズアップしていきたいと思います。

海外の大学に進学するケースも増加

ミックスクラブ ハーフ27-2

一口に「バイリンガル」と言えど必ずしも「ハーフのみ」とは限らず、長年海外生活をし、現地の学校で教育を受けてきた人、日本に在住しながらインターナショナルスクールに通い多言語を習得した人などバックグランドや経歴はさまざまと言えます。

北米に住む子どもたちの「日本語教育」をサポートするある機関のサイトにて、「バイリンガルの子どもたちの進路選択」についてが詳しく書かれています。

やはり、北米に在住する子どもたちの高校卒業後の進路がここ数年、目まぐるしく多様化しているということを指摘しています。個人的に「興味深い」と感じたのは、親の仕事の関係……つまり駐在員家庭の子どもたちが、北米の大学に進学を希望するケースが増加していること、また、逆に国際結婚家庭の子どもや北米で生まれ育った子どもが、日本の大学に進学するケースも目立っているという点です。

「駐在員」とは基本的に数年単位での期限付きの滞在となる訳ですが、仮に親が任期を終えて日本に帰国となっても、現地での大学に進学を希望する背景には、例えば、中学や高校生であれば多感な時期に現地の学校で過ごし、苦楽を経験しながらも言語の習得や友人を得ることで現地での進学に大きな魅力を感じることがあると言えます。また、北米を始めとした英語圏の大学は、教育カリキュラムや設備、水準、将来性など日本の大学とは一線を画した魅力があることも理由に挙げられます。

しかし、一般的にも知られているように、入学試験を重視する日本の大学に対して、海外の大学は入学よりも、進級、卒業の評価が厳しいと言われていることから、本人の努力が必要不可欠となります。

スポンサーリンク





 しかし、私はどちらに対しても「日本語を教え込むことに無理はさせない」という考えがあります。これは、子どもたちにとって「バイリンガルになる」ことよりも、今の生活に於いてきちんと学習や学校、

広く門戸を開き始めている日本の大学

一方で、日本の大学にも国際化の流れに合わせた変化が現われています。「帰国子女」や「留学生」の増加に伴い、入学資格や試験が柔軟になったり、入学時期を秋にする制度を導入するといった大学も多く見られるようになりました。

また、英語による授業のみで単位の取得ができる学部やコースを設けている大学もあるため、「留学生」や「バイリンガルである帰国子女」の学生にも学びやすい環境が整いつつあると見受けられます。

しかし、最近では、こうした学部やコースに限らず、多様な学部や学科に敢えて進学し、一般の学生たちと机を並べる学生も多いとのことです。前述で、海外の大学の厳しさについて触れましたが、日本の大学であっても、「語学力」という点を強みに進学をしたとしても、やはり、授業を理解し、ついて行くための基本的な日本語の水準は必要となります。

日本での大学進学を希望する場合、単に「入学試験」をパスすることを目標に定めるのではなく、大学生活さらには就職活動をしていく上での「国語力」や「適性」についてまで長い目で考えていくことも大事かも知れません。

無限の可能性を信じて

このように、「バイリンガル」であるが故に強みとなる部分もあれば、進学先の大学で円滑にキャンパスライフを送るために他の学生以上に努力を要する部分も出てくるかと思います。

しかし、人一倍の苦労や努力が必要であったとしても、やはり、様々な文化や言語の中で育って来たということは、多彩な進路選択にもつながる上、圧倒的なアドバンテージでもあると思うのです。

親の立場からは、「バイリンガル」である子どもが進路を選択する際には、できるだけ、子どもの意思や特性を尊重し、アドバイスができるように心がけていきたいものです。

まとめ

1.「バイリンガル」の進路選択には多様性がある。

2.海外の大学に進学する人もいれば、日本の大学への進学を目指す人もいる。

3.海外の大学に進学する背景には、海外の教育機関の水準や設備が充実している点が挙げられる。

4.日本の大学でも近年は「留学生」や「帰国子女」を対象に入学時期や、入学資格、カリキュラムなど柔軟に対応する大学が増加傾向にある。

5.いずれかの大学に進学を決めたならば、「語学力」のみならず、学校生活や授業に適応できる能力や努力も必要とされる。

(コラム:Mさん●韓国在住、日本と韓国のハーフを育てるママさんライター)