ハーフの教育方法は選択肢が多い分、悩みも多い!?

スポンサーリンク



ミックスクラブ9-1
異なった国籍や言語を持つ両親から生まれた「ハーフ」の子どもたちとその親にとって、「教育」は重要な問題です。

幼児期から住む国が一定で決まっていれば教育に関しても、ある程度の方向を見定めることができますが、海外と日本の間を行き来して移り住んだり、移住をしたりと居住地がめまぐるしく変化するケースがハーフには多いようです。

こうした環境は一見すると、様々な国の文化に触れることができる上、言語の習得もできて羨ましいと思う人もいるかも知れません。しかし、実際にハーフである本人たちにとっては悩みにもつながりかねない切実な問題でもあるのです。

「ハーフにとっての教育」とは何か? 考えていきたいと思います。

ハーフにとって教育とは?

ハーフにとっての教育は大きく分けて2つがあると言えます。
1つは「言語教育」。そして、もう1つは「学校教育」

両親の母国語が異なる環境にいるハーフにとって「言語」は多言語を幼いうちから習得できる恵まれた環境にあると言えます。子どもが言語を覚えていく段階では、耳から周囲の話す言葉を繰り返し聞いているうちに簡単な単語から覚えていくと言われています。よって、多言語の場合でも、お母さん、お父さんがそれぞれの言語で話かけることで、両方の言語を覚えることが可能であるという訳です。

「言語教育」は子どもに鉛筆を握らせて机に向かわせるようなことをしなくても、普段からの親から子への話しかけ、親子の会話、絵本の読み聞かせでも充分にできるものです。また、日本の小学生が国語の宿題として課される「音読」、つまり「声に出して読む」ということも大きな効果があると言えます。

ハーフは転校が多い傾向も

ミックスクラブ9-2
次に「学校教育」についてです。これは、現在、居住している場所や子どもがこの先、どこに居住するかによって大きく変わってくるものだと思います。ハーフであっても、日本で過ごすことが既に決定的であれば、日本をベースとした教育を受けていくことに問題ないでしょう。しかし、ハーフは、親の仕事の都合や家庭の事情などで、海外を転々としたり、海外と日本の行き来や、就学年齢になって海外から日本に移住するなど様々なケースがあるようです。

海外を転々とするような場合でも、初めから「インターナショナルスクール」で教育を受けさせるという方針であれば、学習で使用する言語は「英語」と定めることができます。しかし、現実的な問題として、インターナショナルスクールに幼稚園から高校まで通わせるとなると多額の教育費が必要となり、経済的な面も考慮しなくてはなりません。

また、日本から海外へ、その逆で海外から日本へと転校、転入などをする場合、子どもは転入先の学校の学習についていけるだけの語学力がどの程度あるかを把握した上で、語学力が不足している場合、例えば英語圏の学校であればELSクラス(英語のサポートクラス)が設置されているか、日本語が不十分な場合は、サポートはどのようにするかを調べたり、考える必要があります。

スポンサーリンク





移動や転入は、高学年や中学生以降と年齢が上がれば上がる程、慣れるまでに時間を要する傾向にあります。こうした事も踏まえて、子どもにとってどのような方向性が合っているかを見極めなくてはいけません。

親ができる限りのサポートを 

ミックスクラブ9-3
もちろん、多言語、異文化の環境に柔軟に難なく適応できる能力を持つ人もいるでしょう。しかし、言語や気質、性格にはこれまでにも言っているように個人差があり、それは兄弟であってもです。親の立場から見て、他の子どもよりも「言語」や「教育」に選択肢が多いという環境から、つい期待や希望を前面に出してしまいがちですが、実際に言語を習得し、学校生活を送って教育を受けるのは子ども自身です。子ども自身がそれらについてストレスやプレッシャーを感じてしまうようでは、これからの可能性をつぶしてしまうことにもなりかねません。

ハーフの子どもの教育はこうした面から、親にとっても慎重に考える必要がある問題であると言えます。

まとめ

1.ハーフには「言語」や「教育」の選択肢が多い環境にあると言える。

2.両親の仕事や家庭の事情から転校が多いハーフも多い。

3.教育の方針、日本から海外へ、または、海外から日本へと就学年齢の途中で転校になった場合、子どものサポートやケアを充分に優先させること。

4.子どもへの過度な期待は避け、子どもに合った教育環境を見つけること。

少々、現実を踏まえて少々、厳しいことを書いたかも知れません。それでも、ハーフの子どもの教育は気がかりも多い分、長い目で見た時にプラスとなる要素も多いのも確かです。やはり、親がハーフの教育環境の良さを引き出せるサポートをしていきたいものですね。

(コラム:Mさん●韓国在住、日本と韓国のハーフを育てるママさんライター)