アメリカ人夫&日本人妻 【国際結婚経験談6】結婚5年アメリカ在住 二人の会話は主に日本語

スポンサーリンク




アメリカ人夫と日本人妻の国際結婚カップルです。
結婚5年目でアメリカ在住。
二人の会話は主に日本語です。

夫について

国籍:アメリカ
話せる言語(日常会話以上):日本語と英語

妻について

国籍:日本
話せる言語(日常会話以上):日本語と英語

お二人の出会いは?


夫が英語の教師をするために日本で働いていたときに知り合いました。

私は生徒ではなかったのですが、その英語教室でアルバイトをしており意気投合しました。
以前から人と違った人生に憧れていたため国際結婚をしてみたいと思っていました。

母国語が違うもの同士が結婚して生活していくのは難しい


お付き合いするのならまだしも、結婚するとなると母国語の違うもの同士がうまくやっていくのは、難しいと日々実感しています。

自分たちの将来のこと、子供のことなどじっくり話し合いたくても、なかなかお互いの考えを理解しあうことができません。また喧嘩をするとき、自分の意見が相手に伝わっているのかが分からないので余計にイライラします。

また子供に自分の母国語(私なら日本語)は絶対話せるようになってほしいと思っているのですが、普段の生活では私と子供が一緒にいる時間が多いので今のところは日本語優位です。しかし学校に行き始めると英語が優位になってしまうのではないかと心配しています。

日本語を話すことはできても、読み書きは簡単に習得できるものではないので、時間を決めてしっかり教えてあげたいと思っています。また日本の季節の行事など日本のことをできるだけ多く吸収する機会を作ってあげたいです。

また夫はアメリカで育ってすごくフレンドリーなのですが、私はそこまでフレンドリーになれず、パーティー好きなアメリカ人になかなか混じることができないのが難点です。

しかし、夫のサポートのおかげで私もアメリカで何とか生活できているのだと思うと、感謝しなければならないと思っています。

(コラム:アメリカ人男性と国際結婚した日本人女性)